2013
08.15
3

グリーの決算発表後、下方修正でストップ安かと思えば終値は大幅に上昇1日の値幅は10%以上

コラム, 投資分析

やはり、グリーの相場は、後場買い上げ来ましたね。

日経平均297円安になるもののびくともせず、上昇しました。余談ですが今月末に配当権利落ち日でもあり、株主優待もあるイオンの株価も最近粘り強くなってきました。

3

 

ここで朝の記事に訂正です。

グリーの営業利益200億円と書きましたが正しくは400億円でした。1500億円の売り上げで営業利益400億円ですので凄まじい利益率です。

当初から悪い決算であると予想されていたが、思ったほど悪くなかったと言うことで、今日は買われた様です。しかし、配当金は半分以上も減配されるので個人は何もお得ではないでしょう。

この日の日経平均は、11時頃に一気に上昇し始め、マイナス80円くらいまで戻しました。このままプラスになるのかと思わせつつ、午前引け値に向けて一気に急落しました。

その午前の値動きで怪しいと思っていましたが、後場は案の定、日経平均は大幅に下落したのです。

 

当初から、日経平均はボックス相場になるのではないかと述べていましたがその通りになっています。ボックス相場でありますが日々の値動きは凄まじい動きです。信用取引でETFレバレッジ上場投資信託などで頻繁に転がしている人は痛い目に遭っていそうです。

 

1結局、この日のグリーは凄まじく動きました。9時20分頃から売りが増えて900円割れくらいまで落ちましたがその後、最高値は1000近くまで上昇しましたので1日で10パーセントもデイトレードで稼げるほど、動いたわけです。

2このティックのチャートを見てもわかるとおり、日経平均の値動きなど全く関係ない動きで上昇していきました。

株とはほんとにばくち的な値動きをします。個人でまじめに売買しようと思えば思うほど合理的に外資や証券会社の自己売買部門に回収されていくわけです。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。