2013
05.23
1bf86ade4916363bd6a6a04311ceb837.png

ガンホー株が強烈な下落。バブルは崩壊した

投資分析

ガンホー株は1年間で100倍以上に株価が上昇していた。
株が上がっていると話をしていた頃は150万円くらいの時であった。まだ株式分割をする前である。その後、数ヶ月で分割前の水準で株価は1500万円まで上昇しました。
そして、今日は900万円割れしそうです。

スクリーンショット 2013 05 23 19 51 53
ガンホー株は、まだまだ下がっています。落ちるナイフを素手で掴んではいけないと相場格言がありますが、この下落はどこまで続くのか全く見えません。

 

ただし、このガンホー株は単純に下落をして終了ではないと思います。短期的にはもうそろそろ50%上昇するような自律反発狙いの買いが入る状況になるはずです。

ただ、そのタイミングを図ることはできません。1日でもタイミングを失敗すれば大損する可能性が高いです。

 

非常に投機的な水準に株価があります。

短期売買をする人には面白い銘柄でしょうが、ガンホー株は空売りができません。

 

相場をリードするこのような銘柄が崩れてくると、そろそろ全体相場がしゅうりょうするときです。

今後はユニクロのファーストリティリングやトヨタ自動車など相場を率先してリードしてきた銘柄が、今後崩れて行かないかを注目するべきです。先に相場をリードしてきた銘柄がいち早く崩れるとき、その他の銘柄や日経平均株価はますます暴落すると思います。

 

相場をリードしてきた銘柄を再度、注目するべきです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。