2013
02.19

アベノミクスはG20で為替誘導発言を禁止されたに違いない

投資分析, 為替

G20で日本の為替誘導批判が出なかったと宣言していたが、実は内閣関係者の為替発言を牽制する内容が確実にあったものと思われる。こういった報道は今のところあまりないが、今後、安倍政権の為替誘導発言は、限りなくゼロになるだろう。

 

日本の円は、95円以上が望ましいとか、100円あってもいいといった発言はG20で禁止されたと思っていい。そうなると、為替が円安に急激に動くことは、今後はあまりないだろう。数ヶ月もすれば、為替に最も影響を与えるのは雇用統計であったような日々に戻ると思われる。

G20で制限があった

甘利大臣の為替や目標株価の発言、麻生副総理の円安誘導発言、安倍首相の為替発言はG20で禁止されている。ここまで急激に発言禁止になると言うことは、米国からの圧力があったとしか思えない。

そうなると、ここ数年の日経平均株価は、為替に連動しているため、12000円を超えることは、相当に厳しい壁となったのである。

 

また、安倍総理の外債購入を増やす発言をすぐに麻生副総理が取り消している。日銀総裁についても財務省出身者を除外しないと言っている。安部、安部と言っているが影の支配者は、麻生だ。間違いなく麻生である。

そうなると、安部の言ってるように外債購入にはならないし、TPP交渉参加を餌に一時的な円安を米国より容認されている状態と思った方がいい。そして、時期日銀総裁は財務省出身者である。こうなると名ばかりのインフレターゲットで終わり、実際は何も変わらない状態で落ち着く。インフレにもならないし、国債の金利が急上昇することもない。

年始のあの株ブームは何だったのだろうと思う日が来るだろう。その頃には、アベノミクスというのをアホノミクスと、馬鹿にする発言や雑誌の記事も増えそうである。

イタリアの総選挙がちょっと怪しい

イタリアの総選挙がちょっと怪しい雰囲気を出している。これがヨーロッパの危機になるかと言えば、微妙な気がする。いまヨーロッパで最も危険な爆弾を爆発させそうな国は、スペインである。スペインが何かしなければ、欧州は崩れないだろう。しかし、何かありそうな雰囲気は日に日に増している。

世界的な楽観論がいま強すぎるため、何かブラックスワンになる事件が発生したら、急激なトレンド転換に陥ってしまう可能性を持っている。

 

5日本株が崩れるとしたら、5月がまず怪しい。小泉政権で勢いがかなりあるときも5月には相場はどんどん崩れだした。ゴールデンウィーク明けが鬼門だろう。その後、10月が最も怪しい。こういった感じで崩れるとしたら、いまの株価ブームで参入している人は、例年の年末年始だけ勢いがある株式市場にまんまとはめられてしまったこととなる。そうなると、アベノミクスというのは単に便乗して騒いでいただけの状態で終わってしまう。

本格的に株を買うとしたら、10月だろう。ただし、個別株は相当に上昇しているものも多い。3年経過して、底を目指す可能性が高い、多分、自分は個別株を買うことはなく、インデックスを分散して買うことになるだろう。いまの日経平均11500円以下でピークを迎えるならば、株価が暴落すると、8500円割には確実に陥る。

8500円割れから上場インデックスファンドの購入がいいだろう。それが嫌で個別株を分散させて購入するならTopicsCore 30銘柄になるだろう。

 

 

トピックスコア30銘柄

2012年10月31日現在
2914 日本たばこ産業
3382 セブン&アイ・ホールディングス
4063 信越化学工業
4452 花王
4502 武田薬品工業
4503 アステラス製薬
5401 新日鐵住金
6301 小松製作所
6501 日立製作所
6502 東芝
6752 パナソニック
6758 ソニー
6954 ファナック
7201 日産自動車
7203 トヨタ自動車
7267 本田技研工業
7751 キヤノン
8031 三井物産
8058 三菱商事
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ
8316 三井住友フィナンシャルグループ
8411 みずほフィナンシャルグループ
8604 野村ホールディングス
8766 東京海上ホールディングス
8802 三菱地所
9020 東日本旅客鉄道
9432 日本電信電話
9433 KDDI
9437 NTTドコモ
9984 ソフトバンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。