2013
03.11
1

りそなホールディングス、ストップ高目前

投資分析

日経平均の上昇は60円程度でしたが、メガバンク、証券の株価上昇が凄まじい一日でした。

三菱UFJ、三井住友フィナンシャルなどは6%以上の上昇でしたが、りそなホールディングスは13%以上と仕手株のように上昇しました。

 

りそなホールディングスの一日の値動き
1

6ヶ月チャート
2

米国の株は、どこまで上がっていくのかさっぱり分かりません。上がれば史上最高値を常に更新する状態です。

ダウが下落する要素は、まったくありません。ヨーロッパ市場も下落するような要素は全く見当たりません。どこを見ても株価が下がる要素は見当たらず、このまま上昇していくような感じが強いです。

新高値更新は止まらず、今日はたまたま日経平均株価が上昇していませんが、これは影響力が大きいユニクロの上昇が低かったためです。

為替は、雇用統計で96円まで上昇。このまま100円だろうが120円だろうが、どこまでも上昇するような雰囲気があります。為替は円安になり、世界の株価の上昇は止まることはありません。

どこを見ても下がる要素が全くありません。


不動産を多く持つ株が上昇

不動産の含み益が大きそうな昭和飛行機、東京ドーム、東京都競馬など、不動産上昇を意識した株価の上昇が強いです。日本の不動産上昇を想定しているような値動きです。今後、5ヶ月後に不動産市場は上昇しているでしょう。

まだ値上がっていないシキボウなども不動産含み益の大きい株です。

今後、不動産が上昇し続けるのかは不明です。過去、消費税が増税されるからと急いで買った人は常に割高に住宅ローンを組んでその後苦しんでいます。

好立地で15年経過した100世帯以上のマンションならば、今買っても損は少ないと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。