2015
01.07
スクリーンショット 2015-01-06 22.43.02.png

6495宮入バルブ製作所の株価が仕手株で1日30%も上昇ストップ高

会社四季報

宮入バルブ製作所は、東日本大震災で原発事故が発生したことから株価は大暴落していました。

バルブの多くは原発の制御に使用されており、定期的に交換することで会社は安定的な利益をあげていました。しかし、原発事故で株価は暴落し、50円前後をずっとウロウロしていました。

 

これはいつか株価は大化けするだろうと思っていましたが昨年の秋ごろから原発再稼働という雰囲気も高まったこともあり、株価は3倍に上昇。仕手株銘柄となっていました。

 

昨日はストップ高に再びなり、1日で30%も株価は上昇しました。日経平均は1日で500円以上下落しているので完全に仕手株です。

スクリーンショット 2015 01 06 22 43 02

この上昇は連発はすることはないと思いますが50円以下で買い集めていた人は、半年、1年で株価は3倍です。2000万円購入していたら6000万円になる計算です。

儲けた金額で一戸建てを場所によってはキャッシュで購入できてしまう計算です。ですがこれだけ変動が激しいため、総資金を全力で突っ込むのは怖すぎて半年も放置はとても出来ませんし、1銘柄でこれだけ業績に不安があるものを全力で長期投資するなんて無謀すぎます。

 

こういったこともあり、株というのはギャンブル性が特別に高いと思います。特に日本株は米国株とは異なり、長期投資で報われるということはなく、仕手株に当たれば儲けられるというのが実際の株式市場の動きです。

日本株に関わるとろくな事になりません。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。