2014
01.08
スクリーンショット 2014-01-08 6.24.30.png

菊池製作所は政府支援の介護用ロボット制作として追い風が強い。株価は仕手株化し連日のストップ高

会社四季報

菊池製作所が年始から凄まじく上昇しており、2日連続のストップ高である。菊池製作所は年末から仕手株化しており、株価はあっという間に5倍以上になっている。

一般的には無名の菊池製作所であるが主力は介護用補助ロボットを制作している。テーピング程度の介護補助器具などはアマゾンでも販売しているのである。

スクリーンショット 2014 01 08 6 24 30

この菊池製作所の株価が今年になって仕手株として更に燃料が投下された理由はとんでもないことが原因なのである。

経済産業省が介護ロボットの大規模な試用試験を始める

今年度中に試用実験の参加企業・参加施設を募集し、来14年度から実験を開始するという。また、15年度からは介護ロボットの利用費が保険適用される可能性もある。



菊池製作所は、13年8月には高齢者用移動支援ロボットが経済産業省の「ロボット介護機器開発・導入促進事業」の事業者として採用されている。このような状態であるため、もう仕手株としては絶好の材料なわけである。

ますます菊池製作所の株価は買い上げられていく可能性が高い。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。