2014
01.09
スクリーンショット 2014-01-09 6.27.07.png

東証二部の中北製作所は決算を大幅上方修正し、株価は高値も連日陰線引け

会社四季報

中北製作所は中間決算を年末に発表し、なんと営業利益は予想よりも2倍になると発表された。

通期の業績も営業利益を66%増加という状況を発表し、株価の勢いはすさまじい。東証2部ということもあり、取引量と時価総額の小ささから、あっという間に仕手株化して株価は大幅上昇したのである。

スクリーンショット 2014 01 09 6 27 07

とは言っても毎日、陰線で引けることが多く、早くも失速し、株価も売られやすくなっているようである。

現在の水準であれはいままで株価が無反応で推移していた期間が長かったため、決算の好業績修正で株価も修正された水準と言える。決してストップ高になったからと株価は割高すぎると言えない状態でもある。

 

とはいってもここから中北製作所を決算情報だけで買い進むのは無理がある。

最近の仕手株の傾向は、決算の上方修正でも上がるがそれよりも爆発的に上昇するのはドリームである。何か夢のある「絵に描いた餅」という考えが成立するものが大幅に上昇する。

 

例えば政府公認で介護用ロボットをすすめるという材料がある菊池製作所などである。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。