2014
04.15
スクリーンショット 2014-04-15 6.05.55.png

昨年末に上場したオンコリスバイオファーマが黒字から一気に大幅赤字に決算修正。株価暴落

会社四季報

昨年末に株式上場を果たしたオンコリスバイオファーマの株価は今年に入ってから冴えない。とにかく凄まじく売られている。

空売り対象銘柄ではないので空売りをすることは出来ません。機関投資家は会社の財務部門やIR部門に会いに行って、様々な情報を手に入れます。アナリストなどは個人投資家よりも圧倒的に強い情報源を持っています。

 

オンコリスバイオファーマは業績修正

2400万円の黒字→6億1800万円の赤字に急激に経常利益の決算予想を修正しました。この発表は昨日の18時過ぎなので株価には織り込まれていません。

今日の寄り付きから株価は凄まじく売られる予感がします。

スクリーンショット 2014 04 15 6 05 55

上場してから、昨年度は株価があっという間に膨れ上がり、連戦連勝の状態が続いていましたが、今年に入ると公募割れが目立ちます。

公募割れではなくとも上場後に株価が下がることも多いです。

 

オンコリスバイオファーマについては、この決算修正前から大幅に売られています。既に今年の1月後半から比較しても株価は1/3以下になっています。

これだけ急激に資金を減らしてしまうと個人投資家は再起不能です。しかもこの銘柄、信用買い残が未だに多い状態であり、個人投資家が短期の上昇を狙って新規公開株を狙っていた事が明らかです。

 

今日の寄り付きは、オンコリスバイオファーマの株価は注目です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。