2013
12.03
スクリーンショット 2013-12-03 22.42.37.png

新興市場の短期売買資金が連日のストップ高から一気に投げ売り状態にミクシィ、フリービットは悲惨な下落

会社四季報, 投資分析

東証一部の時価総額上位の銘柄に割高感が出ている。そこで資金は値動きが軽い新興株へと向かっているのだが、今日は変化が出てきた。

いままで凄まじくストップ高など、大幅上昇してきた銘柄が上昇しなくなってきたのである。

ミクシィの株価

連日のストップ高が続いているミクシィであるが本日は寄り付き後、売られつつも午前中にストップ高まで株価は上昇するも午後も安定して推移。

だが15時の大引け直前の14時45分を過ぎると一気に売り崩され、株価はプラスマイナスゼロ付近まで暴落したのである。1日でもかなり激しい値動きである。

大口の投資家が15分間投げ売りするだけでストップ高が消える程になる。

 

明日はミクシィの株価はどうなるのか注目される。

スクリーンショット 2013 12 03 22 42 37

フリービットの株価

ミクシィ以外にも新興市場の通信銘柄でフリービットの株価は好調に上昇してきた。

今日は悲惨なことにストップ安になってしまったのである。日経平均は今年の最高値を更新し、為替は103円を超える円安になっているのだが新興市場の株価は今日はさえないどころか大幅に売り崩されている状態であった。

スクリーンショット 2013 12 03 22 43 01

ナイガイの株価

ナイガイは東証一部銘柄であるが低位株で仕手株として物色されていた。

今日は1日の流れでずっとずるずると下落し、ストップ安まではならなかったがストップ安と同じくらい暴落したのである。

スクリーンショット 2013 12 03 22 43 34

今日の日本株は、ダウ平均がクリスマス商戦を様子見したいと若干下がって割ったのに為替は103円近くまで下落し、シカゴ日経平均先物は100円の上昇。

日経平均も70円以上高く終わったのだが新興市場は、いままでストップ高を連続させていた銘柄が今日は凄まじく売りが増加した一日であった。

 

明日はどうなるのか、このまま新興市場のトレンドが変化してしまったのかが注目される。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。