2014
05.29
スクリーンショット 2014-05-29 6.21.52.png

居酒屋の和民が上場後、初の赤字。若者の酒離れが原因というのだが…。

会社四季報

和民が上場初の赤字転落です。

この赤字を受けて、和民を60店舗閉店する計画を発表しました。赤字理由は、若者の酒離れと言われていますが・・・。

和民の株価10年チャート

アベノミクスで若干、株価は上昇しましたが業績が悪く、株価が下落しています。第1次安倍政権時代は、1000円以下の株価が一気に2000円以上まで上昇しました。

この時の勢いは、いまの和民にはありません。今後も回復する見込みはないでしょう。

スクリーンショット 2014 05 29 6 21 52

若者の何とか離れといいますが、和民以外にも居酒屋は苦戦しているところばかりです。

バブル期のような景気はありませんね。

 

節約志向が強いことと、増税も理由でしょう。消費税増税も痛いです。

所得も減っていますし、交際費も減っているでしょう。居酒屋でお金を使うならば、スーパーやドラッグストアで缶ビールや缶酎ハイで自宅で飲んでもいいやと思う人が多いのでしょう。

 

チェーン店の居酒屋もどんどん低価格化が目立ちます。一軒目酒場などはかなり安いですね。

安くないと売れない時代です。若者の自動車離れとか色々言いますが若年層の雇用は不安定であり、正社員や所得も格差が大きいです。高齢者やバブル入社組よりも明らかに不利な状況です。

 

その割に年金の財源不足で増税ばかり課せられます。

このような状況が若者に負担が増えていることが本当の理由でしょう。お金が余っているならばもっと自家用車を持ったり、居酒屋にも行くでしょう。可処分所得の低下と将来の希望がないことが大きな原因です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。