2014
02.03
スクリーンショット 2014-02-03 22.36.22.png

スタジオアリスが業績を大幅に下方修正。明日の株価はナイアガラの滝のように大暴落か?

会社四季報

アベノミクス相場前までは非常に好調だった子供向け写真館を運営しているスタジオアリスであるが、一転30%以上の減益になることがわかった。

この情報は本日引け後に発表されたため、株価には織り込まれていない。

明日は怒涛のナイアガラのように株価は暴落するものと思われる。

スクリーンショット 2014 02 03 22 36 22

13年12月期の連結経常利益を従来予想の45.4億円→31億円(前の期は44.4億円)に31.7%下方修正し、一転して30.2%減益見通し

 

減益の理由は決算短信に書かれている通り、売上拡大をするために積極的な広告宣伝活動に出費をしたものの客単価が伸びず、思ったほどの利益にならなかったことが挙げられます。

 

最近は写真を撮影しても客単価が高いという状況は難しいようです。撮影はするけど安く済ませたいという需要もかなり強そうです。

客単価が高いのがスタジオアリスの強みであったのに少子高齢化社会で厳しい環境に突入するのか注目されます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。