2014
04.24
スクリーンショット 2014-04-24 21.52.26.png

キヤノンマーケティングジャパンは業績上方修正(赤字から黒字転換)で年初来高値更新

会社四季報

親会社のキヤノンは業績に苦戦しています。本業の一眼レフが欧州でもなかなか売れなくなってしまったためです。この利益率のいい商品の販売が落ち込んでいることが大きく響いています。

しかし、子会社のキヤノンマーケティングジャパンの業績はかなり好調で今年の日本株が大きく低迷している中、なんと年初来高値更新をしました。

スクリーンショット 2014 04 24 21 52 26

14年12月期第1四半期の決算を発表。売上高は前年同期比21.6%増の1826億9700万円、営業利益は92億3100万円(前年同期の約23倍、前年同期は4億300万円)、純利益は57億700万円(前年同期は3500万円の赤字)

消費税増税前の駆け込み需要が大きいようです。

前年度は、赤字ですから、黒字確保で株価上昇という理由は分かりますが昨年度は赤字なのにこんなに株価が上がったんですからね。アベノミクス相場はなんでも株価を底上げしてしまった感がありますね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。