2014
10.28
スクリーンショット 2014-10-28 6.01.57.png

はるやま商事の株価が大幅下落。株主優待目当てでいま株を買うのはリスクが高い

会社四季報

スーツを販売するはるやま商事ですが業績は良くないと言われつつも黒字。財務上も問題がなく、利益も出ています。

株価は上昇をしていましたが最近までは700円前後で横ばいに推移していました。それが先週末の10月24日に大幅に下落しました。

理由は特にありません。IR情報を見ても特に材料はありません。個人投資家の範囲では分からない株価下落です。

はるやま商事(7416)の株価

スクリーンショット 2014 10 28 6 01 57スクリーンショット 2014 10 28 6 02 09

はるやま商事の株価を見ると、定期的に大量の売りが出て株価が大幅に下がっています。個人が売るには多すぎる量なのでファンドが一気に売っているという感じです。はるやま商事の株を処分しているという状況でしょうか。

 

はるやま商事は株主優待が充実しており、配当金も3%前後あります。

株主優待は100株保有で店内の好きなYシャツと交換できる券が1枚発行されます。これはお得です。私もYシャツをスーツ専門店で割高に買っていましたが再び、価格が高いということでディスカウントストアーで1000円以下で買うようになってきました。

どんどんディスカウントストアーなどを利用するようになっています。理由は消費税増税が原因です。今までと同じ買い物をしていたら賃金は横ばいもしくは下がるような状況ですので家計が厳しいです。

 

家族も増えると衣類の費用も独身とは比較にならないくらい自然増します。それでも貯金水準は下げたくないのでディスカウントストアーになっていきます。デザイン性、保温性、品質など特に問題がなければ安価な商品で十分です。安いからと買い替えサイクルが早いかといえばそうでもなく、結構、長く着ます。

 

消費税増税で外税方式になっているので3%しか増税されていないのに8%も値上げされている例が多いです。ユニクロなんて完全にそうですよね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。