個人投資家の売買状況をWBSで特集していました

ステマ

昨日のワールドビジネスサテライトで「もうはまだなり、まだはもうなり」と相場格言で日本株がどこまで上昇するのかと個人投資家の売買を特集しましたとありました。

そこに出てきた個人投資家横山利香さん。匿名でもなく本名で出るため非常に怪しいとネットで調べるとファイナンシャルプランナー、投資家として売っている人でした。

部屋の中が株本であふれ、バインダーで株の書類とか、株、株やっているような生活をしている状態だったので、ちょっと異常に感じました。

この日本株の上昇で200万円の投資資金を500万円にしたとありました。売買は比較的短期売買でやっている感じです。

あれだけやって300万円の儲けといっても過去数年間の損失もあるかもしれませんし、まるまる儲けたとしても税金でプラス270万円に手数料が引かれるため、収入が多い人や共働きで余裕がある人にはあまり魅力的な金額でもありません。そこまで株、株、人生に時間を費やしてそれだけなのかと言う感じはします。

昔は儲けたと言っても数千万、数億円の個人投資家というのが良く出てきましたが、最近は非常に小粒です。これが現実なのか、数億儲けたというのは嘘記事であったのかという感じもあります。

証券会社でのセミナー

こういう時期に証券会社のセミナーが盛んです。どの株が上昇したとかゼネコン銘柄などを説明していました。過去、バブル期はこういったセミナーで個人をはめ込み証券会社が仕手株を仕掛けていた時代もありましたが、最近もないとは言えないと思います。

銘柄選択して売買するなら上場インデックスファンドの指数連動型をレバレッジ2倍など買った方が売買は簡単です。信用取引なら更に3倍まで売買出来るとしたら実質6倍の値動きまでレバレッジを効かせられます。

このリスク期待値と個別銘柄のリスク期待値を比較したら、指数の方が安全度が高いのは当然であるため、今の時代、個人がまだ銘柄選択をしているのは時代遅れであると思っています。

投資信託が売り切れる

数日前の日経新聞には、投資信託がこの株高で売り切れているものが出ているとありました。投資信託が売り切れるほど売れているというのを見て、もう異常値であると思った方がいいです。

株式投資は自分より愚かな人に株を売りつけるものです。この状況でこれからの愚かな人を探すのは困難です。そして株高は相当に織り込まれているため上昇速度は今後、失速するでしょうが急落は異常に早いと思います。

1929年の世界恐慌の時代も同じ

世界恐慌の一種間前の相場もいまの株価はまだまだ割安。年内にさらに2倍になるとアナリスト予想があふれていました。つまり、予想というのは当たらない。そして、そこまで到達するわけではなく、まだまだ上がる理由を様々な角度から記事を作るのです。

上昇する理由はいくらでも作れる状況で上昇して当然という中で世界恐慌の暴落は発生しました。

近年ではブラックマンデーも同様です。急落は楽観的な考えがあふれている中から生まれます。なぜなら誰も期待していないからです。期待しているものは相場は織り込んでおり反応しません。誰もが年末まで上昇すると思っているときは、想定外の急落が近いと言うことです。

そういった急落で、即座に損切り出来る個人投資家は今回の新規参入では少ないと思います。今回の大相場で後を見たら損失を多く抱えたという人は間違いなく増えるはずです。そこで言うことは「売られすぎ」

売られすぎと言っても外資はもっと売ってくるでしょう。泣きが入る状態まで売り崩すと思います。

想定外という水準で投資をするとしたら、いまの水準はそろそろ株の処分時な気がします。急落は期待されていないため、かなりの勢いで下がるはずです。

日本株は1年間で3割は上下します。これは間違いない動きです。なので保険会社もボラティリティが高い株の保有を下げており、いまの上昇相場で日本株をかなりの勢いで処分しています。

株は価格が上下する

先物誘導でボラティリティが高いのです。確実に上下にするため、どこかで下落は必ず発生します。その時期は不明です。

分かれば株は下がりません。想定できないところで想定していないことで下がるから暴落するのです。

いまはあまりにも株に熱が入りすぎています。そして上昇する勢いはありません。こういうときが一番危ないです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。