2014
02.03
スクリーンショット 2014-02-03 6.42.02.png

赤羽岩淵駅周辺で売りに出されている不動産が780万円でショートケーキ型と話題に

ステマ

赤羽岩淵にある不動産が売りに出されている。

この物件の形がショートケーキの形に似ており、ネットで話題だ。5階建てのRC構造ビルであるが1フロアが1坪程度しか無い。価格は780万円。駅から近く商業地域で商売をしたいという人にはいいかもしれないと書かれているのだが・・・。

スクリーンショット 2014 02 03 6 42 02スクリーンショット 2014 02 03 6 42 12スクリーンショット 2014 02 03 6 42 23スクリーンショット 2014 02 03 6 42 53スクリーンショット 2014 02 03 6 42 59スクリーンショット 2014 02 03 6 43 09

実際は、土地の所有権でもなく、借地権である。借地権でこのサイズだと、立て直しはによる再建築は不可能だろう。

最近は、消防法などが厳しくなっており、建ぺい率などを無視したようなとんでもないガチガチ面積の物件は厳しくなっていく傾向にある。変な極小土地やいびつな土地は、今後は保有していても資産価値は低いと私は思っている。

 

しかし、この物件の坪数は驚いた。3坪も無いではないか?

15坪以下の物件などペラペラハウスと言い、建売など、私道負担ありなど極小地にあったりもするが3坪以下で物件を建築するなど、最近では考えられない。しかも借地権である。

 

この物件の価格は780万円であるがかなり割高だと言える。このような物件は競売でもなかなか出てこないし、競売物件でも相当買い叩かれるようなものである。

通常の不動産販売で780万円で売りに出しても相場以上であると言えるし、変形土地は路線価をそのまま公道に面した問題がないサイズの土地物件と同じ扱いで計算するので当てはまらない。

これはゴミ物件だ。買ってはいけない物件でもある。保有すると次は売れないし、更地にする借地権の契約であった場合、数百万円の損失が出るだろう。

 

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。