2013
03.07
5

株価をチェックすると必ず借金の広告が出る

ステマ

この上昇相場はどこまで続くのか。

仕手株でいま最も熱い新日本科学は300円の株価が半年で2000円を突破した。毎日、ストップ高を繰り返している。今日買えば明日はストップ高を握れるかもしれないという思惑だけで上昇している。

 

安田倉庫もとてもじゃないが大して利益が大きくもない倉庫株が連日のストップ高である。倉庫株の上昇が激しい。しかし、ヤフーファイナンスで株価を見ると、変なことに気がついた。

 

表示される広告がキャッシングやクレジットローンの借金申し込みの広告しか出てこないのである。

この上昇相場で個人投資家は大儲けしているはずだ。日経新聞やテレビ東京のニュースではみんな今買えば大儲けと言った記事やニュースであふれている。

だが広告は正直だ。

 

チャートの右側の広告が借金申し込み

5
 

 

どの銘柄を見ても借金の申し込みばかり

6
 

日経新聞は、13日に上場するオイシックスの特集を2日連続でやっていた。上場したらまだ記事を書くだろう。

これでオイシックスの上場は太鼓判である。

 

日経平均が横ばいが上昇している中、個人投資家の資金がむしり取られていることを見ていると、とても株なんてやろうとは思えない。しかし、私のブログを見て、株を買う気をなくしている人は、いまの相場で大儲けできるかもしれないチャンスを逃しているかもしれない。

 

人間は、逃した魚は大きいと、儲け損なったイメージは損をしたときよりもインパクトを強く持つ。つまり、そんな気分でスマートフォンで売買していたら、3年以内に投資した以上に損する。コツコツ儲けて、ドカーンと損する。

 

コツコツドカンこれを忘れずにいた方が生き残れる。そういうものである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。