2015
07.11
スクリーンショット 2015-07-11 22.18.12.png

今度はボロ物件を狙って購入し、リフォームして大家さん!年収200万円層狙い撃ち

ステマ

彼らが買うのはワンルームのマンション物件などでなく、主に老朽化した戸建て物件だ。

マイホームを探している人が敬遠するような物件こそ、安く手に入る「ボロ物件投資を始めて約4年で本業の収入を超えた」と話すのは、年収200万円台のサラリーマン業の傍ら、戸建て物件5棟を所有する栗林敦さん(36歳)だ。

彼が投資するのは築30年以上の“築古物件”ばかり。なかには外壁や床がボロボロでとても住めそうにない物件もあるが、「マイホームを探している人が敬遠するような物件こそ、安く手に入る」という。

「安さに惹かれて内覧しても、多くの人はあまりのボロさに『これはダメだ』と尻込みしてしまう。要はリフォーム後の姿を想像できないんです。けれど、どんなにボロでも木造なら500万円のリフォーム予算で十分に蘇ります。

スクリーンショット 2015 07 11 22 18 12

http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/45511667.html

 

2ちゃんねるでもステマ記事はもうやめろとか書かれていますね。

空き家物件が大量に出ており、朽ち果てている時代なのに不動産屋はまたカモを探していると。特にサラリーマン所得がないような人を狙ってステマをする傾向があると・・・。

 

底辺を食い物にするビジネスだなぁと思います。ワンルームマンションのボロ物件投資とか、給料がない人ばかり狙ってセミナーやったり買わせたりしてる。

投資回収する計算すると全然、割にあわないことが分かる。こういうことがネットでも簡単にわかるようになってしまった。

大手デベロッパーのREITに投資するよりも効率悪い事がすぐに分かる。

 

この記事を見ても嘘だらけってすぐに分かります。

ボロ物件過ぎて寿命がなく、回収できないし転売も出来ない。税金とコストを考えると投資回収すら難しい。損する確率のほうが高過ぎる。

もうこの歳になるとこういった雑誌記事やネットニュースに本の出版などにも食いつかなくなってきた。若い時はこんなのばかり見て、時間を無駄にしたものです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。