2013
11.17
2

ThinkPad X201の中古が激安26800円で販売されているので1個買ってみました

コラム

モバイルパソコンが欲しいかもなぁと思って、買いました。

ASUSやエイサーなどの台湾製はキーボードがいまいちなので元IBMがパソコン部門を売却したThinkPadにしました。

ThinkPadのX201は2010年11月頃に発売され、CPUはCore i5でまだまだモバイルとしてサブマシンとしては十分使用できます。

 

定価は15万円していたので性能はかなりよいです。

2

このThinkPad X201は、法人での大量購入が多く、そろそろ定期買い換えの時期になりました。

中古市場に大量に流れてきているため価格が安いです。

 

部品なども分解され、中古市場に流れています。故障した場合、PCを部品から組み立てることが出来る人は簡単に修理もできます。

このパソコンですが中古で売られる理由は、大企業などが一括で購入し、3年くらい使用すると自動的にゴミとして破棄し、買い換えをします。このゴミにするとき、ハードディスクに企業の情報などが入っているため、情報漏洩しないようにデータ消去などを行っている産廃業者に依頼をします。

 

法人は捨てるときは安価で買取りと言う形を取りますが、データ消去作業費で逆にお金を支払います。

PCリサイクル業者は、無料で集めてきたノートパソコンなので低価格だろうが売れれば丸儲けとなるわけです。だから、一定サイクルで非常に安いのです。

1

このThinkPad X201は、通常は39000円くらいが相場ですが、状態が悪ければもっと値下がります。

私が購入したモデルは、CPUはcore i5、メモリー6GB、HDD160GBありますがOSがインストールされていません。

 

自宅には不要なOSが余っているのでこれを入れてメーカーのレノボからドライバーというのがダウンロード出来るので20個くらいこれを当てると完成します。

この価格で買うならば、OSまで入れればもっと高く売ることも出来るでしょう。

6

 

3

5

ただし、バッテリーは消耗品であり、期待できそうにありません。

一応、ついていますがフル充電で2時間も動けば御の字でしょう。駄目なら、同等モデルの中国製の安価なバッテリー新品が3000円くらいで売っているのでこれを買おうと思います。

4

安いパソコンですがモバイルとしては、重量は1.4キロと軽量であり、B5モバイルなのにキー配置は妥協なくしっかりしています。

写真だと非常に綺麗に見えますが実際に届いたものは、もっと企業の営業などに使用されて、モバイルで持ち歩いていたなどもあり、かなり傷や劣化もありそうです。

 

詳細な故障まで含めて、このサイトで到着後、レビューしてみたいと思います。

7

メインパソコンは、ノートパソコンですがこれに23型のIPS液晶に外部出力し、キーボードとマウスを付けて、デスクトップパソコンみたいに使用しています。

モバイルパソコンは母艦とならないため、サブマシンなので使用頻度は特別高くありません。でもCPUはCore i5は妥協できません。セレロンなんて遅すぎて最新モデルでもとても使えません。

 

いま買うならThinkPad X201の法人モデルの買い換えによるゴミリサイクルを買うのが断然オススメです。

安いので買って散々使ってもまた中古でそこそこの値段でヤフオクで売れるでしょう。MacBookAirを買うよりも便利に使えます。

 

特にモバイルとしてどこかへ持って行く必要はないですが、安いので気軽に持ち歩いて雑に扱っていこうと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。