2014
09.10
スクリーンショット 2014-09-10 6.19.13.png

SONY Cyber-shot DSC-RX100を徹底的にレビュー。中古相場も掲載

コラム

最近、色々なカメラを見てきました。一眼レフからミラーレス一眼、デジカメ、コンデジ、ネオ一眼。もう色々見て高いのから安いのまで全部見ていくと、それほどのカメラヘビーユーザーではなく、お母さん、お父さんが家族を撮影したい。ちょっとした旅行で綺麗に撮りたいと思う程度ならば、迷わず、SONY Cyber-shot DSC-RX100がオススメです。

 

この機種は、次世代機が2代目、3代目と発売されているのに初代も根強く販売されています。

この初代がいま値崩れしており、コンデジの一般的な価格にちょっと多めに出すだけで買えます。なのでわざわざ最新モデルを5万、10万出して買うよりは全然、コストパフォーマンスはいいです。

 

価格ドットコムでのSONY Cyber-shot DSC-RX100相場

買うなら、価格ドットコムが新品でもっとも安いです。ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラなど家電量販店でも4万円くらいで販売されており、ポイント還元ですから36000円くらいでは販売されているのでそこまで価格差はありません。

 

5年保証とか無料で付けてくれるところがあればそこを選択すればいいでしょう。

スクリーンショット 2014 09 10 6 19 13

 

MAPカメラの中古SONY Cyber-shot DSC-RX100相場

中古品をカメラ専門店で買うのは全然ありです。

一眼レフのレンズなどは、もう中古じゃないと買えないというくらい貧乏症の私はマップカメラを利用しています。ヤフオクなどでもありますが個人が販売しているため、個人の良心に問われる部分が大きいです。

カメラなど、携帯性があり、頻繁に使っていると中古ではボロボロです。カメラ専門店の中古を見て、実機を納得して購入する方がいいです。

マップカメラでは少々高く31800円です。これならばわざわざ中古を買わずに新品を選択するほうが絶対オススメです。

スクリーンショット 2014 09 10 6 19 51

ヤフオクのSONY Cyber-shot DSC-RX100相場

オークションで安く買おうと思うと、SONY Cyber-shot DSC-RX100はおよそ3万円が相場ですね25000円以下となるとかなり状態が悪くなってきます。

私ならば、4000円の差ならば消耗品や電池劣化など色々あるため、新品をおすすめします。

このカメラは当初5万円くらいが相場でしたので、まだまだ人気は高いと言えます。

 

使ってみて、ちょっと合わないなぁと思ったら、こちらで売ってみるのもいいかもしれません。売るならいいですが買うのはおすすめできないです。

スクリーンショット 2014 09 10 6 21 01

カメラのキタムラSONY Cyber-shot DSC-RX100の中古相場

カメラのキタムラはもう言わなくても分かる全国にあるカメラ専門店です。中古相場の品質は、信頼できます。

状態はABの物が多く、消費税込みで27980円から29980円くらいが相場ですね。

 

中古でとにかく雑に自分は扱うので安く手に入れたい。新品でもすぐに傷がつくのでもったいないというならばカメラのキタムラで中古を買うのはオススメです。27800円くらいの状態ABを探しましょう。

スクリーンショット 2014 09 10 6 18 55

 

このコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX100がなぜいいのかというと、カメラとしてセンサーが大きいおが特徴です。それにあわせてレンズもカール・ツァイスでかなり綺麗です。一眼レフでもカール・ツァイスを個々にレンズで購入すると1本7万、10万円とするのでそこまでお金を掛けられないとか、ミラーレス一眼を買ってレンズセットのキットレンズ(標準レンズ)をずっと使い続けているという人は、こちらのSONY Cyber-shot DSC-RX100を使うほうがかなり綺麗に撮影できます。

 

しかも超軽量です。一眼レフと比較にならないくらい軽い。外出時や旅行で持ち歩くには圧倒的にオススメです。

それに最近ではスマホを持つのが当たり前になり、電池不足のためモバイルバッテリーを持つ人も多くなってきました。こちらのカメラはUSB充電できるため、外出先でモバイルバッテリーを使って充電できるのも凄くメリットです。

スクリーンショット 2014 09 10 6 20 04

実際に撮影した感じです。

パナソニックで新型のネオ一眼LUMIX FZ1000を発売しました。センサーは1インチでSONY Cyber-shot DSC-RX100と同じと言われていますが大口径レンズを装着しているので室内撮影はLUMIX FZ1000の方が明るいです。でも、価格は2倍も差がありますからね。

コンデジではSONY Cyber-shot DSC-RX100が圧倒的に小型軽量で映りがいいです。

写真は縮小しているので実物の写真よりも劣化しています。

DSC00001

室内の遠くを取るのは少し苦手な感じがします。F1.8も出ていません。

そういうのを撮りたいならばフルサイズの一眼レフなどの方がレンズを組み合わせて綺麗に取れます。暗い室内での撮影をこだわるならばかなりカメラにお金をかけなければ無理です。それも50万円コースです。

34000円でここまで撮影できれば十分でしょう。

 

このSONY Cyber-shot DSC-RX100は近い距離での撮影はかなり綺麗です。

飲食店などで、食事を撮影してブログに掲載しようと思うような人は、この機種でかなり満足できるはずです。わざわざミラーレス一眼を保つ必要がありません。

DSC00003

コンデジですがこの通り、一眼レフのようなボケを作ることが出来ます。

ソニー機種は明るさが強く、発色性はやはりキヤノンの一眼レフよりは劣りますね。この点はメーカーによって癖があるのでお好みでといわざるおえません。

しかし、見比べてみないとわからないくらいなのでそこにこだわって数十万円出費しますか?という割れたら、出費しませんとなります。

なかなかコストパフォーマンスはいいです。

DSC00004DSC00005DSC00021

望遠撮影は光学ズームで3.6倍までいけます。

ズームしても比較的綺麗です。F値はある一定からはズームしてもあまり落ちない点がこの機種の凄いところです。

DSC00033DSC00036

近距離でもこれだけ一眼のようにボケが出ます。

DSC00027DSC00006

最新機種のほうが更に優れていますが価格は10万円くらいします。ならば34000円の初代を買って、そのうち型落ちで今の最新機種を買おうと思っても全然、問題ないレベルです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。