2014
11.17
スクリーンショット 2014-11-17 6.17.05.png

SNS疲れで圏外旅行へ行くよりも使わない生活習慣にする方が重要。オススメの断スマホ方法

コラム

LINEやFacebook疲れは遂にここまで来たか!?

と思いたいくらい馬鹿なニュースです。もはや中毒、禁断症状の域に達しています。

 

電波の届かない場所に行きたい 「圏外旅行」静かにブーム

 毎日更新される友人、知人のフェイスブック、1日何件も届くLINEのチャット、会社や取引先からのCC(同報)メール…。煩わしいと思ったことはないだろうか? スマートフォンを持ち始めると、いつでもどこでも、連絡を取り、知りたいことが調べられる半面、四六時中画面をチェックする習慣が生じる。いっそのこと電波の届かない場所に行きたい-。こんな願望をかなえる旅のスタイルが、静かに始まっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141116-00000522-san-soci

スクリーンショット 2014 11 17 6 17 05

圏外を買う時代

JTB総合研究所(東京都千代田区)が10月1発表したスマートフォン使用についての調査では、フルタイムワーカーを中心に「SNS疲れ」ともいえそうな現象がみられた。過去1年間の旅行で「あえてSNSがつながらない場所に出かけた」人は2060人中45人。JTBが近年の動向を踏まえて初めて加えた設問だが、同じ回答をした中で、最も比率が高かったのは29歳以下の男性で3・9%(206人中8人)。全体で比較すると、学生や無職の人よりもフルタイムで働く人の割合が高い。

 調査分析を担当した同総研の早野陽子さんは「SNSを多用する一部の人と、SNSに疲れ、距離を置きたいと考える人の二極分化が始まっている。特に働いている人はプライベートの旅行中も仕事から完全に切れることがなく、オンとオフの境界線があいまいになりがち。『つながらない』場所をあえて訪れるという新しいツアーにニーズを感じる」と話す。

 また、「デジタルデトックスのすすめ」などの著書がある、ライフハッカー[日本版](生活や働き方についてのブログメディア)編集長、米田智彦さん(41)は「バーチャルメディアは一種の中毒性、依存性もあり、時に現実の人間関係を上回るほど優先されることがある。また、インターネット産業などで働く人々は、就業中のパソコンに加えて、スマートフォンの普及により24時間体制でメールやネットに追われるような生活で、みな疲労感を抱えている」と指摘する。

 

自分の場合、仕事のオンとオフは完全に切り分けています。

SNSは家族でやらない方針にしています。なのでスマホ利用率もものすごく低いです。MVNOによる月額1000円の通信量でスマホを利用していますが私の場合、ニュースをRSSなどでタイトルを効率よく集め、一気に流しで見ます。余程、興味があるものだけ内容を見ます。

これでニュースを1日見る時間は15分〜30分です。朝と夜に見ます。簡単にニュースを見ていても1日のうち30分も無駄に消費してしまっているのです。

 

他には天気予報。これだけです。

金曜日は、ユニクロの広告をスマホで見て、土日はスーパーの広告をパソコンで確認します。パソコンで確認する理由は未だに広告をFlashで作成しているところが多いため、再生が困難だからです。

 

電車で出かけた時に路線を検索します。検索しますが通勤電車をいちいち調べることはありません。いつも似たような時間に出発し、似たような時間で帰るからです。

地図も出かけた時に使用します。電車で出かけたり、自転車で初めての土地に出かけた時に周辺のコンビニ、店舗などを検索します。GPS機能を使うだけです。

 

他は音楽プレイヤーとして利用しています。通勤時間帯に音楽を聴くのに使用しています。めったに使いませんがおでかけ転送を自動的にやっており、録画した番組を電車で見ることもあります。

 

電車では、何をしているか?

SNSは一切していません。アカウントはありますけどね。使っていません。

電車内では、ニュースを見ることもなく、何か買いたいものがあればその商品を調べたりすることはありますが頻繁に物を買うわけではなく、本当に必要な耐久消費財を買うときに比較など、色々調べます。

これは買って失敗したと後悔をしたくないためです。調べて店舗で確認し、何度も調べた後に買います。

 

電車内ではぼーっと外を見ていたり、目を閉じているか、図書館で無料で借りた本を読んでいます。これが基本スタイルです。

疲れが蓄積されていない時などは、ニンテンドー3DSのゲームをしたりもありますが、ほとんどプレイしないので1本1000円などで購入したソフトが数ヶ月利用できる状態です。新作は基本的に買いません。

中古で投げ売りされて、それでもレビューが面白いというのだけ買います。クリアーまで相当な期間を使いますがゲームに費やす時間は少ないです。1ヶ月あたりのゲーム利用時間は極端に減りました。自宅では殆しないので電車で少々というところでしょうか。ほとんど、図書館の本を読むかぼーっと音楽を聞いているだけの時間です。

スマホを利用しない理由は何か?

もともとヘビーに使用している人でした。しかし、首の疲れや眼精疲労でまぶたがピクピクと痙攣したり、首の肩こりや痛み、それからくる頭痛に悩まされました。脳神経外科なども行っていましたが理由はスマホ。

 

すっぱりスマホとの距離を置くようにしたのです。結構、自分の場合、辞めると決めるとすっぱり辞められるタイプです。

カップラーメンも健康のためと、食べないようにして半年、1年と1食も食べなかったり、清涼飲料水や炭酸飲料も一切飲まないようにすることもしてきました。なのでスマホがあるとついつい見てしまうというのもなくなりました。

 

疲れは全然、違います。

しかし、これだけでは疲れがやはりあります。ダメなのは寝る前のスマホです。スマホなんてしないで早く寝たほうが疲労感が全然違います。6時に起きるならば22時半には寝たいものです。

効率よく重要なところだけ抑えておけばスマホなんてほとんど利用する必要はなくなります。1日の平均通信量は20MB以下に最近はなっています。

数日の旅行でどうにかするというよりも生活習慣を見直す事がもっとも重要です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。