2014
08.17
スクリーンショット 2014-08-17 9.06.07.png

PS4版 トゥームレイダー ディフィニティブエディションは最高に高画質で次世代機を体験できる良ゲー(高レビュー)

コラム

プレステ4版のトゥームレイダー ディフィニティブエディションをクリアーしました。

イージーモードでプレイしましたが18時間くらい掛かったと思います。

 

画質は、圧倒的に凄まじく綺麗です。次世代機を感じます。ついつい景色などは綺麗で立ち止まって見てみたいと思わせるほどです。

操作性は、バイオハザードのクソ操作と雲泥の差で非常に操作しやすいです。攻撃もやりやすいですし、3D酔いもありませんでした。

スクリーンショット 2014 08 17 9 06 07

ストーリーは映画並みにしっかりとしています。

船が難破し、日本の伝説である卑弥呼の国へ流れ着きます。呪いで島から出れなくなるのですが、そこには日本兵で第二次世界大戦中にそこから出れなくなっている兵士たちとの戦いになるのですが、敵の数多すぎです。

 

アクション要素も多く、壁に飛び移るなど、現実離れした主人公の操作が違和感があります。しかし、これはゲームなんだと思えば納得です。

とんでもないジャンプ力と腕の力だと思います。

 

武器の種類、強化、操作性など、十分です。

最初はなれないうち、狼を倒すのさえ難しいですが段々慣れてきます。

トゥームレイダー ディフィニティブエディション【CEROレーティング「Z」】[18歳以上のみ対象]
トゥームレイダー ディフィニティブエディション【CEROレーティング「Z」】 [18歳以上のみ対象]

何度も死んでゲームオーバーを10回でも繰り返せるならば買い

即死イベントやなかなか攻略できないアトラクション的な部分、敵などがいることが多く、ロープリフトを谷の上でジャンプするシーンはタイミングが合わなくて何度も死にました。10回でも繰り返せる精神力が必要です。最近のゲームは1回でも死ぬとやる気が無くなります。

でも、トゥームレイダー ディフィニティブエディションは何度も死んでも続けるという根気が必要です。

 

結局のところ、パズル的な要素の製作者側が用意した解答に綺麗に誘導されるというものです。

凄いアクションで凄く緻密な背景なのですが選べる選択ルートは1個だけです。自分でゲームをしているというよりも製作者側の意図に沿ってゲームをやらされている感はあります。なので映画を見るように1回クリアーするまでは十分楽しめます。2周めまでやるかというと微妙です。

 

総合的に高画質、操作性など、どれも素晴らしく、私はバイオハザードよりもトゥームレイダー ディフィニティブエディションの方が絶対におすすめです。

バイオハザードは1〜3までは、王道のバイオハザードでしたがディレクターが抜けて、欧米のガンアクション要素を無駄に取り入れたのに操作性は最悪でまったくのダメゲームになっていますが、トゥームレイダー ディフィニティブエディションは操作性がいいのはかなり高評価です。バイオハザードでうんざりしている人にはいいでしょう。

 

プレステ4を買ったら、絶対にプレイしたい次世代を感じるゲームでした。高評価です。値段も安いのはいいですね。

プレイするならば画面が暗いので最初のオプション設定で明るさ設定がありますから、最大の明るさに変更しましょう。これでちょうどいいです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。