2014
04.28
スクリーンショット 2014-04-28 6.09.18.png

NHKスペシャルで女性たちの貧困が放送され大反響を呼ぶ(4月30日深夜に再放送予定)

コラム

NHKスペシャルで女性の貧困が4月27日に放送されました(5月1日深夜0時頃、NHK総合 1Chで再放送予定)。

2014年5月1日(木)午前0時40分~1時29分(30日深夜)

 

調査報告
女性たちの貧困
~“新たな連鎖”の衝撃~

スクリーンショット 2014 04 28 6 09 18

10代20代の女性の間で深刻化する貧困の実態を描いた今年1月のクローズアップ現代「あしたが見えない」。放送後、番組サイトが異例のページビューを記録した。通常8千程度のページビューが、60万を超えたのである。そして、寄せられたのは「他人事では決してない」という切実な声だった。いま、若い女性たちの間で何が広がっているのか。取材を進め見えてきたのは、親の世代の貧困が、子の世代へと引き継がれ、特に若い女性たちに重くのしかかるという“現実”だった。番組では、厳しい生活にあえぐ若い女性たちの知られざる実態のルポを通して、“新たな貧困”を見つめていく。

NHKスペシャルは、数年前から孤独死の特集をよくやっていましたが、最近は女性の貧困が人気化しています。

この女性の貧困ですが大卒まで普通に親が教育し、OLになるような人を言いません。それで結婚し、普通に子供を産み、夫婦共働きという人も該当しません。

 

まず、貧困が両親の貧乏が子供に継承するということが伝えられます。

そして、そういう女性は、若い時に妊娠し、離婚もしくは結婚せず、母子家庭となります。そういう状態ですので男性から養育費を定期的にもらっているわけでもありません。

労働も正社員ではなく、非正規雇用に流れていきます。そういう放送です。見逃してしまった人は、再放送が予定されているので見てみましょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。