2015
01.13
スクリーンショット 2015-01-13 21.05.41.png

MacBook Pro Retina 13インチのBoot Campなら最新版DiXiM Digital TV plusでDCTP-IP(DLNA)再生できた!

コラム

MacBook PRO Retina 13インチのノートパソコンをメインに使用しています。

Blu-rayレコーダー(ソニー製)で録画した番組や現在放送中の番組をノートパソコンにWi-Fi経由で接続し見れたらいいなぁと思っていたのですが、MacBookではDLNA対応ソフトがあっても日本独自のDTCP-IP対応しているものが全くないんですよね。

 

それでMacBookのBoot Campを利用し、Windows7 ProfessionalのOSをインストールし、いままでWindowsパソコンで問題なく利用できていたDiXiM Digital TV plusをインストールしてみました。

でも、著作権保護が確認できないと再生できない状態でした。

スクリーンショット 2015 01 13 21 05 41

2011年や2012年頃に溢れていたMacBookのBoot Campを利用してもDiXiM Digital TV plusでブルーレイレコーダーで録画した番組が再生できないという問題がいっぱいありました。

 

自分もこれに相当悩んでTwonky Beamなどを利用してiPad miniなどで番組を再生していました。

わざわざテレビ再生用にソニーのXperia タブレットZ2を買ったりもしていました。これはiPad miniでは画面サイズが小さいとか防水ではなくお風呂で見ることが出来ない、CM飛ばしが的確に出来ないなどが理由でわざわざタブレットを追加で買ったのです。

 

2015年になって、テレビをやるためにAndroidのOSであるXperiaタブレットを持っているのもなんだか無駄だなぁと思うようになってきたり、Xperiaスマートフォンを持っているのでお風呂でテレビを見たい場合は最悪、スマートフォンでも十分、防水で問題がなかったわけです。

タブレットもGPS内臓のXperiaタブレットは良かったのですがスマートフォンのカーナビ機能で十分ということもあり、Xperiaタブレットを手放したくなってきました。

ソニーがタブレット事業に今後、本気を出さないと言っていたことも大きいです。

 

何とかしてDiXiM Digital TV plusをMacBookのBoot Campでも再生することが出来れば13インチモニターという大きな画面とRetinaディスプレーという綺麗な液晶でテレビが見れるようになるわけです。

 

DiXiM Digital TV plusのバージョンアップが出ていれば、もしかしたら改善されているかも?

そう思い調べてみると2013年版が出ているようでした。ですが既にDiXiM Digital TV plusのライセンスは正規に購入しているため、何とかバージョンアップがないものかと探したら、ありましたバージョンアップ。

DiXiM Digital TV plusの最新バージョンアップダウンロード先

http://www.digion.com/pc/support/dl/updat/dixim/dtvp_ups.htm

 

これをインストールしてみると、自宅にあるブルーレイレコーダーとDLNA接続でき、DCTP-IPで正確に著作権保護再生できるようになっていました。

 

MacBook Pro Retina 13インチのノートパソコンをBoot CampでWindows7をインストールし、最新版のDiXiM Digital TV plusをインストールすることで録画した番組を自由に再生できるようになりました。

 

でも、このDiXiM Digital TV plusは未だにソニー純正タブレットであるXperiaタブレットにあるダイジェスト早送りがないため、CMを的確にスキップできないところは改善されていませんでしたね。でも、再生できて良かったです。

Xperiaタブレットを中古で売ろうと思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。