2018
01.23
1

MacBookとiPhoneは貧乏人もお金持ちも同じものを所持するんだぜ!

コラム

MacBookとかiPhoneっていうのはすごいもんだよなぁ。お金持ちだろうが貧乏学生だろうがお金を出せば買える金額なのに同じものを持ってるんだもんなぁ。

貧乏人もお金持ちも同じiPhoneを持ってMacBookを持てるんだぜ!

1

昔だったら、将軍様と同じものを貧乏人の水呑百姓が同じものを使うというイメージだ。あり得ないほどギャップがある。それを実現しちゃうMacBookとiPhoneはすごいもんだなぁ。

でも、いまのMacBookプロは嫌い。昔みたいにMacBookAirのタイピングと同じ感じを求める。今のはキーボードが駄目すぎる。

USB Type-Cは別にどうでもいいよ。

でもなぁいまの自分が最新MacBookを持ったところで機械性能と一緒に自分の性能もアップするわけじゃないからなぁ・・・。ツールよりも使用する本人のアイデアが一番重要なんだよなぁ・・・。

アイデアは昔よりも全然、出なくなったなぁ。生活に苦労もないし、こうありたいというものもなく、何苦労なく生きているとアイデアも出てこないなぁ。こんなんでいいのかなぁと思うけど、じゃあ他にどうしろという状態だ。

 

自分の親(つまり孫から見たら祖母)に30代後半と言えば一般的に忙しい時期で第二の人生で一花咲かせたいという人もいる時期だ。なのに隠居だのリタイヤだの自分たち老人と同じ事を言っていて死ぬだけじゃないかといわれる。

でも困ったことに何もない。アイデアも気力もない。お金にも困っていない。妻もいて子供もいる。家もあるし、ローンも借金もない。車も乗ってる。

いまから何をしろというのか。もっと家を買って住宅ローンでも組んでみれば普通の生活なのだろうか?苦労して精神的ストレス受けるくらいなら、平凡に生活してyoutubeでも見ていた方がマシだ。そもそもこれからがんばったところで自分が自家用ジェット機を保有するまで成功するとは思えない。旨いものも毎月食べているし、国立劇場のオペラも何度も見に行って2回目公演が3年後にやってきたくらいサイクルを循環している。

海外に行っておっさんがバックパッカーでもして自分探しの危ない旅にでも出てみたらいいんだろうか?それとも愛人を作ればいいのだろうか?妻はモデル並みに綺麗な人を選んだので今でも満足しているし、子供の顔も綺麗で満足している。いっそ路上で段ボールでも敷いてホームレスのような気分を味わってみようか?そこに何の意味があるのだろうか?

今日もお昼寝をしてしまった。セミリタイヤとニートと何が違うのだろうか?親の金で働かないか、自分の資産で働かないかの違いだけでやっていることに大きな差があるように思えない。ただ自分の資産なら時間と選択は自由だ。ここが刑務所とは違うところだ。

そんなに変化が欲しいなら木刀を持って恵比寿にあるどっかの大使館にうぉぉぉぉおぉ!!って走っていたら、どうなるんだろうか?

TVに出たりするのだろうか?これは結構マズイ。洒落にならない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。