2015
01.03
スクリーンショット 2015-01-03 7.32.43.png

m-Stickシリーズ MS-NH1はモバイルノートパソコンの代わりにはならない

コラム

週刊アスキーでは、m-Stickシリーズ MS-NH1を大絶賛しています。

重さ50g以下であるため、これを持ち歩けば究極のモバイルになるのではないか?という記事がありました。

m-Stickを使ってMacBookAirを超える

スクリーンショット 2015 01 03 7 32 43

しかし、m-Stickシリーズ MS-NH1はバッテリー駆動ではありませんし、モニターもありません。

この為、週刊アスキーでは、カメラの写真を投影するための5インチディスプレーを紹介していました。すべて合わせると重量1.1キロです。

これでMacBookAir13インチよりも軽量。MacBookAir13インチは1.3キロあるためです。

 

ですがこれでは5インチの解像度が低いディスプレーです。

そして、ケーブル類が多すぎてモバイル用途としては使えないと書いています。週刊アスキーではm-Stickシリーズ MS-NH1をめちゃくちゃ持ち上げていますが、軽量のパソコンを安価で持ち歩くならば、このUSBメモリータイプではなく、Windowsタブレットを使用することのほうが圧倒的に軽量になります。

当サイトがオススメする超軽量のモバイルパソコン

まず第一に異常に安くないとダメです。

Lenovoの Miix 28はOffice製品が付いていないものをあえてヤフオクなどで購入すれば16000円で新品が手に入ります。

これならばWindowsがモバイルとして利用でき、モニターもバッテリーも付いており、完結します。重量は350gです。

メモリーも2GBあり、容量も64GBあります。ここにmicroSDカードなどで64GBも足せば究極のモバイルパソコンです。超軽量です。

Lenovo Miix 2 8(Z3740/2G/64GB/Office H&B/8.0HD)59428524 保護フイルム付き Lenovo Miix 2 8(Z3740/2G/64GB/Office H&B/8.0HD)59428524 保護フイルム付き


Lenovo
売り上げランキング : 39

Amazonで詳しく見る

しかし、Windowsタブレットはキーボードとマウスがないと非常に扱いにくい商品です。AndroidやiOSのようなモバイル用途としての使いやすさがありません。なので超軽量のキーボードとマウスが必要になります。

 

バッファロー(iBUFFALO)ではBluetooth接続で重量150gとペラペラの薄型超軽量キーボードなのに打鍵は損なわれていない17mmのキーボードがあります。

これはモバイルとして持ち歩くには超絶お勧めです。軽さこそ最強。軽くて使いやすければ十分。そんな商品です。

iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BK iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BK
Not Machine Specific

バッファロー
売り上げランキング : 1367

Amazonで詳しく見る

この他にタブレットスタンドが必要ですが100円ショップのセリアにいいものがあります。

マウスは有線マウスがもっとも軽いです。理由は乾電池を搭載しないからです。少し重くなってもいいのならば乾電池式のBluetoothマウスを持ち歩くとケーブルレス。

USBケーブルを指す口がMiix28はmicroUSBケーブルは1本しか刺さりません。なので変換ケーブルや拡張ポートになるような商品を1個持っていると便利です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。