2013
10.11
5

Kindle Paperwhite 3G (2012年モデル) が10月20日までAmazonで3000円値引きで販売されています。

コラム

Kindle Paperwhite 3G (2012年モデル) が10月20日までAmazonで3000円値引きで販売されています。

いまなら1万円以下で購入できます。

Kindle Paperwhite 3G (2012年モデル) Kindle Paperwhite 3G (2012年モデル)


Amazon.co.jp
売り上げランキング : 32

Amazonで詳しく見る

Kindle Paperwhiteですが元々はタブレットタイプが出ておらずKindleといえばこの電子インクタイプでした。

これが出た第2世代の時に米国のAmazonから国際便で個人輸入して購入したものです。

5

非常に軽く、バッテリーは画面を読み込むときだけ掛かるだけで数ヶ月バッテリーが充電1回で操作しなければ持ちます。そして凄まじく軽量です。初期のipadを発売後に即購入しましたがあのときはタブレットが800gくらいありました。

重くて厚さもありましたがそれと比較して凄まじく軽量であると感じました。

 

それにipadは出たての時は、蛍光灯が強く、目が痛かったです。

その点、Kindleは電子インクで部屋が明るくないと自然発色していないので見ることはできませんが紙を見る感覚で目が疲れません。

 

ただ画質は子供用で売っているタカラの先生という磁石の文字ボードのような感じです。あの砂鉄で字を書くのを電子版でやっているだけです。

でも文字の本を読むならタブレットよりもKindle Paperwhiteのほうが軽量で目が疲れません。

 

第2世代を買ったときは漫画本を自炊してKindle用にファイルを変換し、取り込んでみていましたが今はどうなのでしょうか?

そのころのKindle は少し使用してヤフオクに売ってしまいました。

 

いまはipad miniで自宅のネットを見て、ソニーXperiaタブレットでブルーレイレコーダーの録画を寝ている間にwi-fiでお出かけ転送を自動で行い、防水なのでお風呂でテレビを録画したものを見ています。

外出や会社ではiPhoneを使っています。

 

Kindle Paperwhite 3G (2012年モデル) は3G回線が無料で使い放題でついていますが国内版はAmazonのサイトしか繋がりません。輸入した第2世代は3G回線が使い放題でしたのでヤフーなども見れましたがとても実用的に見てるものではありませんでした。この3G回線使い放題でネットがタダで見れると思ったら残念な結果になります。

 

本を電子版で買って読んだり、自炊した漫画を読みたい場合には有効なツールです。

電車のつり革を捕まりつつ片手で読んでいても全然疲れません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。