2014
10.29
スクリーンショット 2014-10-29 6.16.25.png

iPod Classicが市場から消えた理由はグリグリの丸い操作部品の供給が難しくなったため

コラム

ついにiPod Classicが市場から消えました。

あの音楽再生のグリグリとした機能は、発売当初から私も使用していましたが素晴らしいものでした。それが何故消えてしまったかというと、理由は部品の供給が難しくなったためなんですよね。

 

AppleでもiPodの役割は既に終了したと言っていました。

iPhone普及に役立ったものであるが既に十分に役割を発揮したということです。

スクリーンショット 2014 10 29 6 16 25

確かに自分もソニーのXperiaスマートフォンの白ロムにMVNOで月額1000円くらいの通信を取り付けて使用していますが新品の白ロムでも33000円くらいで購入出来ました。

ウォークマンなどの音楽再生機を別途購入しても液晶画面があったりと機能を追求していくと1台2万円くらいの価格になります。

 

そうなると1台のスマートフォンでネットを調べたり、天気予報にGPSで地図検索、路線検索、音楽再生などを含めると、スマホの白ロムのほうがコストパフォーマンスが良いと言う理由で、結局、スマホで音楽を聴いています。

別の機械は節約を含めて買わなくなってしまいました。全体的にスマホに押された業界なんでしょうね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。