2013
09.21
1

iPhone5CやiPhone5Sはあまり売れているようには思えません

コラム

そういえば昨日、iPhone5CやiPhone5Sがau、SoftBank、ドコモで発売になったけど、売れているようには思えなかったです。

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、携帯ショップなどを見ても予約用、当日販売用で並ぶコーナーまで作っているのにがら空き。ドコモのデモ機を置いてあるところだけ機器に人が群がっていましたが順番待ちと言うほど人はいませんでした。

 

しかもどのキャリアでもゴールドとシルバーのiPhone5Sは在庫が最初からないようで、売り切れのように見えていますがそれほど売れているわけではありません。

グレーは在庫がどこでも残っていますがこれは最初から供給が多いのです。カラーで出庫の数が同じではなく、去年のiPod touchの新型発売のウコン色のものだけ供給が多く、在庫あまりのようなときと同じ感じです。

1

ネットオークションでは、iPhone5Cの白ロムが7万円で出品されているが売れていません。7万円では相場が成立しないと言うことでしょう。

 

iPhone5Cについては、実機を見るとキッズ携帯のようにダサいです。チープさが強烈にあります。

でも、iPhone5Sと差ほど差がないほど、価格は異常に高額です。絶対に売れません。あえてあれを選ぶ理由はないです。あの半額の値段なら、iPhone5Cは安いから買うという選択肢もあったでしょうが、高いです。

そもそも新興国狙いの安価なiPhoneという位置で販売を開始しましたが中国でも7万円以上と馬鹿みたいに高い状態です。

 

そうなるとiOSのバージョンアップでiPhone5がiOS7になるとすると、iPhone5Sとの差は差ほど感じないかのせいがあります。液晶も同じですしカメラの性能も思うほど向上していません。

CPUが2倍に高性能になっていますがネット見たり、メールなどでは体感できないでしょう。

相当に3Dのゲームをゴリゴリする人には感じるのかは分かりませんが別に過去、ゲームが遅延してどうしようもないなど思ったこともないので、これも微妙です。

 

ジョブス亡き後、Appleの迷走が始まりかけているのかもしれません。

今年は追加でiPadの新型が発表される可能性があります(来月)。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。