2014
04.09
PHM16_0340.jpg

ALT(GPT)の値が異常に高い。250以上で消化器科に診察へ行くことにしました(健康診断結果)

コラム

健康診断で肝臓機能検査判定のところにあるALT(GPT)の値が急激に高くなりました。結果、要診察となり、再検査を飛び越えていった感じです。

年齢は34歳、男性です。

 

肝機能検査判定

AST(GOT)  基準値30以下のところ107

ALT(GPT) 基準値30以下のところ248

γ-GTP 基準値50以下のところ89

ALP 基準値104〜338のところ339

といった結果でした。

PHM16 0340

その他でA判定ではない部分は、

脂質検査判定

中性脂肪 基準値149以下のところ175

HDL-Ch 基準値40〜90のところ35

LDL-Ch 基準値119以下のところ103

 

がありました。

去年はこれ以外に糖代謝で若干、基準値を超えていたため、経過観察となりましたが今年はA判定でした。

 

ちなみに去年、一昨年の肝機能検査判定は、今年ほど悪い結果ではありません。

肝機能検査判定

AST(GOT)  基準値30以下のところ22

ALT(GPT) 基準値30以下のところ34

γ-GTP 基準値50以下のところ28

ALP 基準値104〜338のところ267

といった結果でした。ほとんど正常値で、若干オーバーしているため、要経過観察という状態でした。

今年は、要診察です。

急性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝などが考えられます。近日中に消化器官系で診察を受けてみようと思います。


ちなみに1月25日頃にはインフルエンザB型になっており、タミフルを飲んでいます。

健康診断は3月上旬に実施したので、この影響はまだ残っていたのかは素人では分かりません。病院へ行った結果が出たら再度、掲載したいと思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。