2013
11.23
dai-0256

aiPhone5Sが日本でもSIMフリーを販売開始。16GBモデルは71800円を高いと思うか安いと思うか

コラム

昨日、AppleのサイトにあるAppleストアーで、ipone5Sをsimフリーで販売するという発表があり、売り場のサイトを見てみると在庫はあった。

1~2週間の納期待ちというのはニュースにあった通りである。

価格は、iPhone5Sの16GBモデルが71800円である。5Cは廉価版と言われ、1万円安い。1万円安いというiPhone5Cであるがほとんど売れている気配がない。まず、廉価版なのにほとんど価格が安くないし、性能は1世代前のモデルと同じなのでどうせならばiPhone5Cを買うよりもiPhone5を買った方が全然、いいのである。

 

iPhone5Sのゴールドモデルはちょっと欲しい。

いまはiPhone4Sを使用している。1列画面のサイズが大きくなることが違いである。自分の場合、スマートフォンでゲームなどもやらないのでCPUが高性能という必要は全くない。だが、写真はたまに手軽に綺麗な撮影をしたいということも多いのでカメラの画質は重要である。

だから、Nexus7などはiPad miniよりもカメラの性能がかなり悪いので論外なのである。

 dai-0256

718000円でSIMフリーというのは魅力的だ。

安価なsimカードを使用する人にとってはsimフリーというのは、絶対条件である。やはり、月々の通信費はもったいない。特に家族でスマホを持つと維持費が馬鹿にならないのである。

 

テザリングをするわけでもないし、メインは自宅のwi-fi環境がある人は、そこまで高速化に過剰なお金を掛ける必要はないと思う。

 

そうなると、simフリーのモバイルルーターでもいいのかなと思えてしまう。

iPadなどのタブレットはwifiモデルを購入し、モバイルルーターのアクセスでも十分な気もする。わざわざセルラーモデルを法人でもないのに契約する必要もないだろうと思う。

 

だが、スマホはsimが差せて、ポケットからふと調べたいときに地図や路線、天気予報などを瞬時にアクセスできるメリットは大きい。

そういうのはモバイルルーターでは難しい。

 

バッテリーが大容量で1日待機状態でも問題なしという意見もあるだろうが、こういう機器が増えれば充電して持ち歩かなければいけない端末も増えてしまう。持てば持つほど重くもなるし、出費も増える。

 

この微妙なところが悩むところであるが、そこまで通信環境をあれこれ選択しようが特に大きな差はないのである。

なんとなく悩んでしまう自分がいる。たぶん、いまそういう人も多いんだろうなと思う。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。