2013
11.13
PHM01_0215

2013年のnexus7 VS ipad air と Xi、au LTEとiij、OCNの低価格simについて

コラム

今日は帰ってからタブレットとモバイル通信について色々調べていた。

 

2013年に発売したnexus7はどうやらあまり売れ行きが良くないようである。これは原因は価格が値上げされた為、去年よりも1万円高いことが原因だ。

そして操作感であるがipadのように思うように快適な操作ができないようで、若干、不具合があるようである。これは修理対応してくれるようであるが修理に出しても思ったほど改善しないようである。

ipad miniを買うかnuxus7にするか、LTEのsimフリーで4万円程度なのでnexus7にしようと思った人は後悔している人がいるようである。

最近ではネットオークションに出品しているnexus7 LTEモデルをよく見かける。

PHM01_0215

ipadの新型は名称がipad5ではなく、ipad Airになった。

今日、豪のAppleストアーでipad airが爆発炎上したようである。これはモバイルバッテリーのリチウムイオンをギュウギュウに押し込んで軽量化など相当に無理しているからかもしれない。

ipad4よりも新型のipad airは200gも軽いのである。別次元のipadになっている。価格はipad4のときよりも1万円高い。

 

ソニーのブルーレイレコーダーも去年のモデルならばお出かけ転送にipadがついに対応したようである。

tonkybeamをインストールし、有料の1000円をしてプレミア版にする。そしてレコプラをインストールすればブルーレイレコーダーに録画したテレビ番組をipadに持ち出しできるようになるのである。

ただし、Xperiaなどとは違ってお出かけ転送のタイマー自動化ができない。

 

タブレットはいま新型が高くて微妙だ。

ネットオークションでは1つ前のモデルが投げ売りされているので興味がある人はそちらを買っても十分かもしれない。

PHM01_0032

格安simについて

iijやocnで格安simを販売している。どれも1000円くらいの相場を競っているが、最低速度は200kbpsでLTEを使用すれば1.5Mbpsくらいの通信速度が出るようである。

こういうのはギュウギュウに回線に人を詰め込んでサービスを実施しているため、平日のお昼などはアクセスが集中して思ったほど快適に通信できない。

 

だがビックカメラで無料でsimを契約すると着いてくる公衆無線lanよりは通信速度はでるだろう。

攻守無線lanはかなり遅い。

 

この格安simであるがドコモやソフトバンク、auなどで契約するXiやLTE回線と同等を思ったら大間違いである。

かなりそれらのLTE回線よりも低速に制限されているのが特徴だ。しかし、ネットの記事を読む程度ならば問題ない状態まで改善してきている。

利用環境に応じて、これで十分と思えるならば、低速simで利用してもいいかもしれない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。