2015
01.14
スクリーンショット 2015-01-14 22.39.22.png

4K撮影ができるソニーハンディカムFDR-AXP35デビュー!!200インチプロジェクター投影付きに

コラム

ソニーのハンディカムは他社と比較し、圧倒的に手ぶれ補正が優れています。そのハンディカムで去年、4K撮影が出来るものが15万円くらいで販売されており、子供が小さいうちに最高の画質で保存したいなぁと思って、検討していた時期もありました。

 

でも、15万円は流石に高すぎる。

未だに4K対応のテレビはあるが、Blu-rayレコーダーも高価だ。保存するのもメディアサイズが大きく、まだまだ難しい。ハイビジョン画質が出てきた当時のような感じです。

もっと4Kが当たり前になれば簡単に保存できるだろうし、ハンディカムの価格も下がるでしょう。

FDR-AXP35デビュー!!

2015年2月20日発売です。想定価格は14万円前後。

スクリーンショット 2015 01 14 22 39 22

一年前は、4K録画ができて凄いなぁと思っていたのですが今年は同じ価格で200インチの大画面でプロジェクターと投影して撮影できるんです。

これは去年買っていたら、かなり後悔したでしょう。プロジェクター機能は大きいです。

 

欲しいなぁ。欲しいなぁと思いつつ、14万円は高すぎなので多分買わないでしょうねぇ。ハイビジョン画質ならばデジタルカメラのRX-100で写真撮影をしたり、ハイビジョン動画撮影で子供を撮影していますがミラーレス一眼を使っていた当時よりもかなり軽いですし、いい感じに高画質が撮影出来て非常に満足しています。

 

価格は34000円くらいで購入しました。

これでも十分な画質なのでこれ以上となると一気に価格帯が高くなってきますからねぇ・・・。そこまで求めるかというとこう価格であるがゆえに諦めも肝心かと・・・。もっと安ければなぁ。。。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。