2014
01.01
GW123_72A.jpg

2014年、日本株式相場を考えてみる

コラム

誰かの儲けは誰かの損

株の世界ではすべてが儲かるわけではありません。バフェットが言っているように誰が裸なのか潮が引いてから分かるといいますが、いま日本株でカブカブと投資をする人が増えてきました。NISA口座を作り、2014年はいち早く株へ投資をしています。

 

いまは全体的に見たら、2006年のライブドアショック前とかなり似ています。 

GW123 72A

2014年は

2014年は、2月に下がり3月4月の決算期に上がり、5月で材料出て6月前にヘッジファンドの売り崩し、8月に再び少し盛り返し、結局、3月が高値で2月に買っておけばよかったと思わせておいて、10月でも2月ほどではないが下落し、そこで買って12月には上がって少し儲ける。

 

こんな感じでしょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。