2013
06.30
PHM01_0222

高級スーツでも、実は股におしっこが飛んでいて汚いのである

コラム

イオンなどに行くと、夏休みになると、イベントショーをやっていたりする。こういうのを子供は好きだ。

今の時期は、どこのお店もボーナス支給後と言うこともあり、セールを頻繁にやっている。丸井もかなりボーナスセールをやっている状態だ。

ユナイテッドアローズ

自分は、ユナイテッドアローズでは買い物をしないのだが店内に入ると、シャツが1枚8000円、18000円とする。

しかし、よく見てみてもユニクロのファインクロスシャツとどこが違うのか全く分からない。材質なんてあまり変わらない。

セレクトショップというが、タグがなければユニクロの品をタグを買えてファインクロスシャツとかプレミアムコットンシャツなんて置いておけば全然、差がない。

こういうのは変だと、思ってネットで検索すると、ユナイテッドアローズとユニクロ同じじゃね?っていう意見が多い。

それであれだけ価格差で売るのだから、すごいものである。それだけブランド力の価値があるのだろう。

 

良いものは生地がいいと言うが、生地がいいものは繊細で長持ちしない。極細コットンで番手が高いと光沢が出るが、セレクトショップのシャツは番手が高いわけでもない。繊維の細さは、ユニクロと変わらない。

イタリア製の高級スーツもウールのランクが相当に高くなると、触っても全然違ってくる。乾いているのに触るとちょっと湿ったような程よい感触ですごくいい。

PHM01_0222

しかしだ!

自分もこういった高級スーツを買っていた時期がある。フューゴボス、ゼニアなどである。

そして、トイレに行って急いでおしっこをしてひっかけた時に思った。そこそこのスーツでもいいや・・・と。

その分、長く着るよりも1回くらいクリーニング出したら、買い換える程度で常に新しいそこそこの値段のものを買おうと。

いいスーツでもやすいクローニング店で機械でごった煮状態で洗濯されていれば、痛みはかなり早い。こんなのに大金使うのはアホだと思った。

PHM01_0024

それに見る人は見れば分かると言うが、自分をガン見するような人がいっぱいいるわけではない。自分も電車に乗って、そこら辺にいるおっさんやおばさんをガン見して、いい服着ているなぁとかいちいち見てもいない。

スーツを扱っているお店で働いていたような人は、生地を見てもすぐに分かるが、普通のOLが番手なんて知らない。ウールのランクを見ただけで、どれどれ位だと分かるわけでもない。そういうスーツに興味がある人はすぐに分かるだけで、一般人は気にもしていないのである。

 

ここまで来ると自己満足感が強い。

ただ、古いぼろぼろを着ていると目につく。ポケットが破れているスーツやベルトがぼろぼろだったり、食べこぼしが飛び散ったネクタイを何年も付けているととかである。

自分は、ネクタイの汚れに敏感だ。男性でネクタイが異常に汚い人は多い。ネクタイは洗わず、使い捨てという認識であるため、何ヶ月も使い続けて、食べ物のよだれかけみたいに汚れている人は多い。そういう人を見ると、毎週、100円のダイソーで売っているネクタイを新品で定期的に買い換え、着けていた方が絶対にいい。

綺麗なネクタイ(清潔なネクタイ)となる。

クリーニング屋で働いていたおばちゃんの話

クリーニング屋で働いていたおばちゃんの話である。スーツは本当に男性の場合、おしっこが股に引っかかっているのを何度も繰り返して黄ばんだり、変色したスーツをクリーニングに出す人が多いのである。その汚れが落ちないで集中的にもみ洗いとかするわけである。

スーツのクリーニングと言えば、おしっこの汚れ落としばかりで嫌になったというのが口癖である。

 

色々話を聞くと、いいものを長く着るよりも、そこそこのものを定期的に買い換えている方が清潔である。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。