都内にサバイバルゲームが出来る施設がオープン

コラム

ラジコンやミニ四駆など、大人が遊ぶ施設が増えていますねぇ。

今度はサバイバルゲームです。

サバイバルゲーム施設「ASOBIBA(アソビバ)秋葉原店」が2月1日に電気街でオープンする。場所は、神田明神通り、ドラッグストア/カフェ「AKIBAドラッグ&カフェ(アキドラ)」が入っているダイドーリミテッドビルの2F。

 

これは、2013年10月より都心の駅近くでサバイバルゲームフィールドを展開している「ASOBIBA」の新店。これまで、八重洲・大門・板橋・お台場・神田・桜木町・名古屋・日本橋・ハウステンボスに出店しており、今回の秋葉原店は10店舗目となる。秋葉原店は、初心者が十分に楽しめる設計となるほか、日本発祥のサバイバルゲームを海外に向けて紹介していく機能も担う。また、アニメやゲームといったオタク系コンテンツとのコラボも。

秋葉原店のフィールドコンセプトは「森の中の廃墟」。敷地面積は約300坪で、約40名が同時にプレイできる。電動ガン、マスク、迷彩服などのレンタル品も豊富に用意しており、初心者向け講習やゲーム進行補助もスタッフが行うため、初心者ひとりでも気軽に楽しめるだろう。

営業時間は10:00~22:00(※貸切の場合は24時間利用可能)、利用料金は平日3,500円~ 休日4,500円(※レンタル費用は別途)。なお、2月1日にプレオープンし、2月7日にグランドオープンとなる。

https://akiba-souken.com/article/22415/

 

都内にロッククライミングの施設などもあります。

そういうのにチャレンジしてみるのもいいかなぁと思うのですがなかなか最初の一歩が踏み出せません。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。