都会暮らしと田舎暮らしは7:3の割合で楽しむのが良い

コラム

都会と田舎の暮らしを両立して楽しむには都会7、田舎3くらいの割合がいいと思います。

田舎3の割合だと、風呂に入るときも保有資産の土地に出来るゆずの実を集めて、台所ネットに入れてギュウギュウ絞って風呂に入るとゆずのクエン酸が身体にしみてぽかぽか暖かいです。香りも入浴剤とは違う柑橘系の本物の香りがすごく良く感じます。お金も掛からずアホみたいに風呂に毎日入れてもタダです。こういう風呂に入る方が温泉地で他人と風呂に入るよりも至高の幸せを感じます。

薪もボウボウ燃やして火を付けるのも最高におもしろいです。それで足が軽くやけどのように熱くなります。火の強さはすごいと感じます。やけどっぽくヒリヒリしますがクリームを塗って一日経つと何もないくらい普通に回復します。また、炭火で焼き芋を作ると何とも言えない甘さでうまいです。

田舎の楽しさは他にもあります。静かですし、空気が綺麗です。草の上を歩けます!!いつもアスファルトと室内は絨毯の上を靴で歩いているので土の上を歩くのがそれだけですごい!と感じます。普通に生活していると土というのは公園の一角くらいしかありません。

本当に自然の中で自分は生きていると感じます。何でもある都会だとすぐに店があり、欲しい物は何でも手に入ります。車で移動しないと何もない生活もすばらしい!

でもあまりやることがないのですぐに飽きます。で、都会に戻ります。都会で普通に生活してまた田舎に行くと、田舎すげー!ってなるわけです。2つ家を持つとこういう楽しみ方が出来ます。

生活に余裕がある人は家を2つ持った方が絶対に楽しいです。超オススメです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。