2015
01.10
BL008-cyottomatteyo20140810500.jpg

週末に考える真面目な人生。サラリーマンの人生なんてこんなものなの?

コラム

終電近くの満員電車で20代後半の女性グループが大きな声で会話をしていたのですぐ近くにいた私は、嫌でもその内容が聞こえてきました。

 

「合コンして、30歳とか言うけど、絶対に30後半くらいの男を紹介されてさ〜」

「大手マスコミ系の仕事しているとかアピールしてくるの」

「マジ。超ウゼー」

「あと、カネ持ってるアピールの男とか」

「ウゼー話聞くんだから、メシおごれっつーの」

 BL008 cyottomatteyo20140810500

こういった内容だった。

自分は30代なかばになって、結婚し子供が2人いる。でも、もうおっさんだ。

自分はそんな合コンとかいかないが行ったら、ウゼーおっさんかぁ・・・。そう思った。

 

会社も中間管理職のような立場になる30代半ばである。サラリーマンのレールを10年以上歩いてきた。

スーツを着て歩いていれば立派な中年サラリーマンだ。

 

自分の人生はこれで良かったのだろうか?

20代は資産運用ばかり考えていた気がする。それと嫁さん探し。

お陰で住宅ローンもなく、生活に苦労はない。しかし、子供が二人もできて家の中は騒がしく、お母さんと一緒じゃないと寝れないという子どもたち2人に嫁をとられた。

新婚時に一緒に選んだダブルベットで一人で寝ること数年。子どもと妻は別の部屋で寝ている。今思うとダブルベットがなければ一緒に寝れただろう。何か寂しい。

 

恋愛して誰かと食事とか楽しい時間もあったなぁ。

そういう時間はもう自分の人生にはないんだろうなぁ・・・。枯れた人生だなぁ。いま恋愛して食事なんてしたら浮気だなぁ。嫁さん怒るだろうなぁ・・・。(当然です)

 

年賀状を受け取ると、子供がいる家庭の年賀状ばかりになってきた。

子供の成長を強調した写真ばかりが目立つ。そう言った同世代の話を聞くと、いま生活が大変という人のほうが多い。教育費、住宅費、生活費などで嫁さんもパートや正社員の共働きが多い。

我が家は専業主婦だ。

自分一人で稼ぐよりも2人で正社員のほうが安定的に稼げる。いいなぁと思いつつ、自分の人生でそんなにお金、お金と歩んでいっても貯金が増えるだけで何も楽しくない人生だと思った。どうせ共働きだと心にゆとりがなく暇もなく疲れて子育ててギツギツした家庭になるような気もしていた。結局、お金って何だったんだろうなぁ。

 

なければないで別にそれなりの生活して満足していたのかもなぁと思うようになってきた。

一人暮らしならコツコツ貯金しないで最後は生活保護でもいいんじゃない?って思って適当に自由に生きても人生なんだよなぁって思うようにもなったし、自分の人生って通勤電車の往復と会社にいる時間、自宅とスーパーの買物など非常に限られた生活習慣の中を往復しているだけなんだなぁとも思った。

 MAR86 kaseihuhamita20130803500

これじゃ刑務所に入ってても同じなんじゃないか?

タコ部屋労働で搾取されるよりも全然マシ。でも、何やってようが常に人生に満足しないでもやもやしてるんだろうなぁとも考える。

 

飲み屋街を歩いていると、綺麗な女性のお店で安ければ空席がないほど満席だ。

ああいうところに1,000円、2000円持って飛び込んでもその女性と当たり障りない会話をしてカウンターで酒を飲めるだろう。でも、何もならない時間だ。

 

じゃあ遠くへ一人旅してみるか。

そう考える。リュックひとつでドミトリーみたいな2000円、3000円の安宿に止まり、知らない人とこたつに入ったり、外国人バックパッカーと話をしてみるか。でも、そんな若者の自分探しのようなことを30代の中年男性が突然の思いつきで実行しても何になると思うわけです。

 

あー。こんな人生だと定年退職して仕事をリタイヤしたら何も残らないつまらない人生だな。ヘタしたら暇すぎて気が狂って認知症かもなぁ。そういうことを想像するわけです。

 

週末の早朝にスタバへ行って何となくコーヒーをのみ人生を考えること数ヶ月。

結局、自分には家庭を守ることと、子どもの教育と思い出づくりしかないんだよなぁと思う。自分の自身の人生って何なんだろう。こういうことを同世代の家庭を持った人に相談をすると、何を今更馬鹿な事を言っているんだ。当然だろうそんなことって言われる。

この考えは独身の人には分からない。子供を持った親なら分かる意見だ。

 

いまさら自分のことなんて考えても仕方がないし、嫁さんを独り占めなんて時期でもない。結局、子供が2人、3人もいて小さいなら子供中心の生活が何年も続くのは当たり前。それを作ったのはお前自身だっていう感じとなる。

 

そうです。子供を作ったのは私です。ただ、次世代に生命のバトンタッチをしたら、急激に老けました。年齢以外に心も。

このまま死んでしまおうが生命学的には仕事をまっとうしたという鮭の産卵期のオスのような感じです。残りのカスのような人生どうするか?来るべき火葬場で焼却されるまで何するわけ?

30代なかばで何も困らないとこういう状態です。未だに答えが分かりません。定年退職して暇になった人に話を聞いて欲しいくらいです。まぁ、そんなもんだ。サラリーマンの人生なんってといわれていつも終わります。

 

30代なかばになって自分探しの旅にでたい自分です・・・。

 

猫が日向で寝ていた。

あいつの人生って何なんだろうなぁ。鎖で繋がれているわけでもないのにいつも同じ場所にいて寝てるだけ。餌は飼い主がくれて何も不自由はない。それで10年、15年の人生をまっとうするわけだ。

交通事故だけがあの猫の唯一のリスクだ。それだけを気をつければこの生活が明日も来週も続く。変に遠くへ行ったり、飼い主から遠ざかったりもしない。犬は鎖に繋がれて散歩に従うだけだ。

 

人間の人生も犬版と猫版があるんだなぁ。俺の場合は、完全に猫版だ・・・。

自由なのにどこかに行く目的もない。行かなければ無駄にお金を使わず貯金になる。行かなければ安全だ。でも、何もない。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。