2014
10.13
スクリーンショット 2014-10-13 7.25.18.png

貧困と言われる人はカップラーメンを食べているが健康に問題がないと言えるのか?

コラム

貧困をテレビで放送するとき、カップラーメンを食べる映像が必ずと言っていいほど出てきます。

男性の一人暮らしなどを見ても菓子パン、カップラーメン、スナック菓子を40代後半でも食べている人が多いです。

こういう生活を見てみるとふと疑問が湧いてきます。

 

スクリーンショット 2014 10 13 7 25 18

自分は、食事や運動を意識して積極的に睡眠時間も管理してやっと健康診断で問題がない健康な身体を中年になっても維持しているのにこういったカップラーメンを食べている貧困とか、中年とかは健康面は一体どういう状況なのか?

 

毎日、このような栄養バランスを考えていない食事をして、身体に影響が出ていないのかということです。非常に不思議です。自分の身体が平均よりも弱すぎるのか、それとも貧困と言われて放送されるような人はタフなのか。

 

年齢とともに内蔵筋肉が衰えてきたり、免疫力も下がってきます。クラッシックカーをメンテナンスして乗るように意識して大切にしないと自分の身体を健康に維持できません。

カップラーメンばかり食べたり、菓子パンばかり食べている人は、どういう状況なのでしょうか?

 

これらはドラッグストアーで取り扱っている食事です。菓子パン、カップラーメン、スナック菓子、それだけでは野菜不足なので野菜ジュースを飲む。

そして、サプリメントも飲む。

こういう人が多いわけです。野菜ジュースは最悪です。販売を中止した方がいいくらいインチキ。野菜はミキサーで粉砕され加熱され栄養素であるビタミン類などはすべて破壊されています。そして、濃縮還元され、砂糖類は入っていなくても無駄な糖分がとても多いわけです。野菜ジュースと言っても牛乳ほど栄養もなく、清涼飲料水を飲むのと変わりありません。

 

100円で販売されている濃縮還元の紙パック果汁ジュースに近いです。飲むほうが悪影響そういう食材です。

 

身体を壊して栄養士指導と医師の診断を受けている時に真っ先に止められるのが菓子パンです。高カロリーで糖分は凄まじく、栄養はない。安価な食べ物です。カップラーメンは塩分が凄まじい。こういった食べ物を一切食べないように半年間生活しました。かなり痩せました。

 

血液検査をしてもかなり健康的になりました。

なのでカップラーメン、菓子パン、清涼飲料水、スナック菓子はドラッグストアで野菜や果物よりも安価で販売されています。ついつい手が出てしまいがちですが本物の食材を割高に買ってもそういうものを買うのを辞めました。

甘みが欲しければ砂糖やガムシロップよりもメープルシロップやはちみつ、果物からとるようにしました。清涼飲料水よりも牛乳を飲むようにしました。

無駄なカロリーを取らずに肉も小間切れ肉は脂身が多く、脂身は悪玉コレステロールが増加するので取得しないようにしました。

 

これで血液検査をしても善玉コレステロールが増加しました。悪玉は減りました。別に魚を積極的に食べてはいません。

カップラーメンも安価に作るため、動物の脂身であるラードで揚げています。これがまた体に悪い。自分の場合、これだけ食べ物と生活習慣で血液の数値が事細かく悪化したりします。

 

貧困と言われる報道を見ていると、血液の数値は平常なのだろうか?どういう仕組なのか?そういう疑問がいっぱいあります。

数値が悪ければ50歳で限界が来ます。50歳までは変な生活をしていても食事が悪くてもとりあえず問題なく生活できますが50歳を超えると身体に異変が出てきます。がん細胞も早々に出来るのはレアケースで生活習慣がもとです。

塩分過多の人で不健康な変色な人は50代で心停止で死亡するケースも多いです。生活習慣は侮ってはいけません。

 

独身で運動不足、食生活がひどい人は寿命を65歳で計算するほうが妥当です。悪化は50歳から始まります。

いろいろな人を見たり調べてみるとそういう傾向があります。日々何となく繰り返している生活習慣ほど怖いものはありません。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。