講談社ですべてのコミック雑誌を電子化することを発表

コラム

書籍の電子化に大きく第一歩を踏み出しました。

講談社ですべてのコミック雑誌を電子化することを発表

電子書籍時代の本格到来に向け、講談社は、全コミック誌を紙と同時に電子版で配信する方針を決めた。コミック誌は一般書に比べて電子化が遅れていたが、「より多くの人に読んでもらうためには必須」と6月までに同社の22誌すべてで踏み切る。

 

 5日に「ヤングマガジン」(紙の発行部数は67万部)、6日に「月刊少年マガジン」(同66万部)、7日に「週刊少年マガジン」(同132万部)を、すでに配信中のコミック誌に加えて一気に電子化する。
コミック誌は制作に時間や人員の余裕がない上、電子化に不安を持つ作家もいたことなどから、電子化が遅れてきた。だが、昨年は、集英社が国内最大のマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」を電子化。いち早く「モーニング」を電子化するなど先行してきた講談社が新年にあたって「次の一手」と踏み切った。

http://www.asahi.com/articles/ASGDW4T7ZGDWUCVL00D.html

 

雑誌が電子化というのはいい動きですよね。

クレジット支払いで解約の申告をするまで自動更新で過去の雑誌もインデックス化されいつでも見れるようなら場所も取らずに一番いいんですけどねぇ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。