2014
03.13

論文コピペで小保方さん学位取り消しも検討とか報道されているわけですが・・・

コラム

なんだかよく分からないけど、だんだんSTAP細胞を論文で発表し話題になった理研の小保方さんが話題です。

STAP細胞の論文がコピペではないかとか、そもそもの卒論まで100ページ中、20ページがコピペであった事が問題になり、学位すら剥奪するべきではないかと言われています。

STAP細胞とはなにか 世界の常識をくつがえした新型万能細胞とは!? (サイエンス・アイ新書mini) STAP細胞とはなにか 世界の常識をくつがえした新型万能細胞とは!? (サイエンス・アイ新書mini)
中西 貴之

SBクリエイティブ株式会社
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る

共同研究者のハーバードでも論文再検討に入りましたし、さらに共同研究者の山梨大学教授は論文を取り下げるべきだと言っています。

今の状況だと、STAP細胞は、iPS細胞のようには普及しないでしょう。

 

そもそもiPS細胞がここまで普及したのは簡単に作る事ができるからです。それでSTAP細胞もiPS細胞のように簡単に作れると思えば他人がやると誰も成功しない。

これで変じゃないの?そもそもこの論文、正しいの?っていう話になったわけです。

 

この論文も個人が作ったわけではなく、共同開発で様々な人が関係しているわけですが、マスコミはSTAP細胞発表と同時に小保方さん個人だけの功績のように報道した挙句、1周間後にはこの状態ですからね。

 

論文云々よりもマスコミって存在が存在価値あるの?そもそも報道は正しいの?ってマスコミの行動は正しかったのか?と思われるわけですが誰もそこを評価する基準や制限、罰則は無いわけで、やりたい放題な気がします。

 

今回の問題はすべてマスコミから始まり、マスコミで続く状態です。

一般人からしてみれば、STAP細胞なんてどうでもいいよっていう人ばかりです。吊し上げ報道がそもそも変な気がします。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。