2014
10.10
スクリーンショット 2014-10-10 6.15.47.png

裸眼でも視力の悪い人が問題なく見れるモニターが開発されました。これは欲しい

コラム

裸眼で視力が悪い人のメガネを掛けている事と同じ状態で映像が見れるモニターを開発したようです。

これは凄い。

スクリーンショット 2014 10 10 6 15 47

米マサチューセッツ工科大学メディアラボとカリフォルニア大学バークレー校の研究者が発明したこの技術は、人間の左右の目にわずかに異なる映像を投影することで立体映像を生み出す3Dディスプレイを発展させ、目の瞳孔の異なる部分にズレた映像を投影する。視力の問題とは、目の焦点距離とその対象物の距離のズレが原因である。そこで新型ディスプレイでは、正しい焦点距離をシミュレートすることで視力の修正するのだ。

 

単純に焦点をあわせるということになると、その人以外は逆にぼやけて見えるんでしょうが1画面でこれを出来るならすごいです。

ヘッドマウントディスプレイのように2画面を眼に直接あてて錯覚による大画面をやることの応用らしいですが凄いですね。これは欲しい。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。