衣食住をそろえてお金を殆ど使わないミニマリストではないけど依存型ミニマリスト

コラム

30歳後半になってあまり物欲もなくなってきました。電化製品だとiPhone、iPad、MacBookAir、レッツノート、VAIO Z、プロジェクターなどなど。自転車だったらクロスバイクを買ったり、欲しい衣類を買ったりしていましたがある程度のものがそろってくるとそれ以上はいらないんじゃないかと思うようになりました。例えばiPhoneなら、メールとネットと動画くらいしか使わないので古いiPhoneでも全然、問題ないですしバッテリーが劣化してきても自分でAmazonで交換用バッテリーを購入し、修理すると再び使用できるようになります。

自転車も自分でブレーキパッドの交換、タイヤの交換、チューブの交換も行います。自転車の修理をお願いするよりも自分で修理した方が安いです。この修理する修理力があると物の寿命がものすごく伸びます。それで修理しつつ、使っているとスマホならば通信規格が変更になるまでは買い換えはいらないかなと思えます。例えばLTE通信が終了し、5G通信じゃないと格安スマホMVNOが出来ないようになると考えようと思います。

衣類はGAPやH&Mのセール品で大量購入

ファストファッションを長く着ようとは思いません。所詮消耗品です。そこで4000円くらいの商品を500円くらいで購入します。そういうセールの時に定番の白シャツ、黒、紺、グレーのパーカーやセーター、デニムジーンズを購入します。休日はいつもオフィスカジュアルのような格好をしています。なので格好いいスタイルでもなく、変なスタイルでもなく制服のような無難な服装になります。流行も特に影響はなく、大量に50着くらい新品の衣類のストックがあります。使った金額は5万円くらいです。これを徐々に使い捨て感覚で70回くらい洗濯すると捨てるようにして着ています。土日しか着ないですし、夏と冬で着る服も違うので3年くらいは着れてしまいます。激しい動きもしませんからね。

 

下着はイオンの処分品を100円、200円で購入します。パンツ、肌着、靴下など新品のストックが100着くらいあります。これをワンシーズン3セットをローテーションして60回くらい洗濯すると捨ててしまいます。ワンシーズンごとに捨てる感じです。下着は3万円くらいで購入しました。

 

靴はニューバランスの574グレーを買います。1足を履きつぶして、3年、4年は履きます。土日しか履きませんのでかなり長いこと履けます。それで消耗すると捨てます。

衣類や靴でお金が掛かるのは私服ではなく、スーツやワイシャツ、ネクタイ、ビジネスシューズの方がよっぽどお金が掛かります。作業着なので安いものを買って数年着ます。営業ではないのでいい服もいりませんし、移動するわけでもないので消耗もあまりありません。ただ、ファストファッションを処分品セールで買う感覚でいるとスーツはめちゃくちゃ割高です。

床屋はセルフカット

美容院へ行き、その後QBハウスの1080円カットに行きました。バリカンを使ってツーブロックにするだけなのでそこまで大きな差は出ませんでした。自分でバリカンを買ってセルフカットしていると全然、それでも簡単に出来てしまうレベルです。ヘアワックスは100円ローソンで購入した100円ワックスを使っています。男の人で中年になると整髪料を使用していない人の方が圧倒的に多いです。セルフカットして整髪料をつければそれなりの格好になるので全然問題ないです。

1ヶ月5000円も使ってない

床屋も行かない(セルフカット)。衣類も買わない(新品の大量ストック)。外食も殆どしない。しても100円マクドナルドだったり、はなまるうどんのかけ小を130円で購入したりします。ちょっとした物なら業務スーパーでそうめんでも買って来て冷水で食べても何も気になりません。安い酒をたまに買ってくる程度です。

カフェも頻繁に行かず、イオンの株主なら無料で利用できるイオンラウンジを毎週利用しています。定期的にガス抜きをしていますがそれでも殆どお金を使わない物ばかりです。

電子書籍のキンドルでは1巻だけ漫画本が無料になり、これが数百冊あります。こういうのを見るだけでも暇つぶしになります。Amazonプライムは年間3900円ですが契約すると映画やアニメ、音楽も聴き放題、見放題です。これにユーチューブの動画をみるとそれだけで暇つぶしになります。毎日、日経新聞の朝刊もすべて読んでいますが丸三証券の日経テレコンを使用して無料です。

ゲームは過去に安いものをかったものがクリアーもせずに大量に積みゲーになっているので新たに購入せず、古い物をやっています。買ってもお金を払うだけでゲームをしないと言うことが昔は多かったです。そういう物を消費しようと思うと新たなゲームは必要なくなります。

定期的な運動は市民スポーツセンターでランニングマシーンや筋トレマシーンを定期的にやっています。これでも月間で1000円くらいしか使いません。最新のビジネス書などは自分でお金を出して買わずに図書館を利用しています。図書館にある雑誌も殆ど読んでいます。ニュートン、DIME、週刊ダイヤモンド、おとなの週末、読売旅行などなど図書館に行くと雑誌はいくらでもあります。

衣食住、娯楽、定期的な運動をしても5000円使っていません。子育てなどで忙しいため、なかなか自分の時間がとれないため、これだけ色々な物があるとそれだけで余暇の時間を消費してしまいます。

旅行は年間で数回いくけど、青春18切符を1回分買うだけ。約3000円。宿泊先はLCCなら空港で寝たり、温泉施設など無料で寝られるところへ行きます。野宿ほどではないですが格安旅行です。殆どは通勤定期券がある都内に出かけて通勤定期券+500円くらいの交通費くらいです。

お金を節約して使わないというところもありますが不景気でサービス過剰すぎてお金を使わなくても生活できるような物が多くなったというのが実情です。なら、あえてお金を使わなくてもいいんじゃないのというところです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。