2017
08.07
1

蛍光灯の価格が大幅に変化。2014年に値上げが発表されてから2017年を比較すると驚きの価格差に

コラム

蛍光灯の電球が切れたので注文しました。

2014年頃に蛍光灯を値上げすると発表があり、大幅に値上げがされていましたが3年後の今日購入すると大幅に価格が抑えられていることが分かります。

1

2014年当時は、40型と32型の一般的なセットを購入しようとすると1500円していました。それが今購入すると1100円で購入できます。かなりの値引きです。

日銀が量的緩和をして政府が安倍政権になりインフレ、インフレと騒いでいたときは物価が上がりましたが今になってみるとバターやトイレットペーパーなど上がりっぱなしのものは多いですが下落している物も多いです。

 

上がりっぱなしのものは確かにあります。そういう物は仕方がなく再生紙やプライベートブランド品を購入して、しのぎます。そもそもそういうものはあまり買いません。

洗濯用洗剤なども値上げされたり、量が減らされていますが業務スーパーの無名の洗濯洗剤を購入するようになってそんなに負担もありません。148円の

消費税くらいで1キロ洗剤を購入できます。服もファストファッションが多く、安物の消耗品なので洗剤も安いもので十分です。

 

日々何かを買うときも再生紙だったり、プライベートブランドだったり、安売りのディスカウントを購入することでお金を掛けないようにしています。大幅に安いときだけまとめて買ってストック。そして次のセールの時にまたまとめて買ってストックということをしています。衣類もセールの処分品のタイミングで8割引きを購入しています。さすがに8割引の衣類もストックが多くなりすぎたのでもう買いませんがかなりの長期間服を購入する必要がありません。

服は1着500円、ズボンは1着1000円くらいにH&MやGAPで安くなったときにだけ購入しています。下着はイオンで100円、200円まで値下げされたときに購入しています。すべて新品です。靴はニューバランスの574を6000円くらいで購入しています。これが定番の安い服装です。

シンプルな単色で黒、白、グレー、紺の組み合わせなので服に強調がありません。学生服を着ている学生を違和感なく思うように制服のように違和感なく普通の格好に思えます。そういう服装をしています。非常に安いです。

こういった安いものだけを購入している自分ですが確かに安倍政権が騒いでいた2014年頃は値上げが盛んでユニクロも大幅値上げしていました。そういうときと比較して再び物は安くなったものが多い気がします。若干高くなっている物も多くありますが様々なものを組み合わせるとトータルでインフレを感じません。自分の生活圏は完全にデフレの中にいます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。