2014
09.03
P1010201.JPG

蚊のメスを生まれないようにしてやる!!これで蚊が絶滅すればウィルスを媒介することが減るのか!?

コラム

蚊はウィルスを媒介すると言われています。その蚊が減れば、病気は減るように思えるのですが地球は食物連鎖によって成立しています。蚊が絶滅すると別の部分で脅威が新たに生まれたりします。

P1010201 

「私たちが行っているのはオスの蚊を自然界に放ちメスの蚊と交配させることです。オスの精子が卵子に入り、遺伝子がすべての子孫に伝達されます。こうして生まれた最初の子孫たちはこの遺伝子を受け継ぎ、そして死にます」。

この遺伝子組み換え蚊は子孫を成虫になる前に殺すようにプログラムされた遺伝子を持つ。つまりこの子孫が生殖することはない。生殖できなければ種全体が滅びることになるとバストス氏は話す。最近の試験では、デングウイルスを持つ蚊の地域個体群が96%減少した。

全文はこちら

http://news.livedoor.com/article/detail/9169351/

 

いま代々木公園でデング熱を持つ蚊が問題になっています。代々木公園だけが問題ならばこのまま沈静化しそうですが、これって熱帯地域の病気なんですよね。それだけ今年は日本も暑かったということでしょうか?

 

誰かが春頃は冷夏になると予想していたのですが、予想は外れまくります。天気予報も大幅に外れているのですが午前5時、午前11時、午後5時など1日4回くらい発表することで微調整し、予想が頻繁にあたっているような気がするのですが週後半の予想ですら全然、当たりませんね。

予想とは無駄な行為です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。