薪ストーブが大爆発!その理由は第2次世界大戦中の手榴弾が埋め込まれた木を薪にしたため

コラム

オーストリアで薪ストーブが爆発したというニュースが印象的でした。

単に爆発をしたというのではなく、爆弾が爆発したように大爆発をしました。しかし、薪ストーブが頑丈であり、閉鎖された入れ物の中で爆発したため大事には至りませんでした。

 

原因はずっと不明でした。

ストーブ製造会社に責任問題があるのか長年、調査されていたのですが遂に原因が分かりました。

 

原因は、薪にありました。

薪が伐採された場所は第二次世界大戦中に戦場となっており、ここで木の中に未爆発の手榴弾が内部に埋め込まれたことが理由だということです。この木が成長し、伐採され、手榴弾が内部に入った薪が出来たということです。

この理由を調査するために警察が長年調査したというのも凄いことですが、大事に至らなくてよかったですねとしか言えないような事件でした。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。