2014
03.11
PHM11_0334.JPG

自分の新卒採用時期と10年後のいまを比較してみると、自分の時代は馬鹿だったと分かる

コラム

就職や転職、若者雇用について、前回に引き続き、もう少し、雇用について話を進めてみよう。

まず、自分たちが大学を卒業し、就職する時期には「金持ち父さん貧乏父さん」というお金についての本が大ヒットしたり、インターネットが少しずつ、普及してきた時であった。まだまだ今みたいなスマートフォンはなく、ガラケーと言われる携帯電話を使用していたし、パソコンはネットブックがようやく普及し始めてきた頃であった。

丁度、ワンセグが流行りだして、携帯電話にワンセグが付いてきた時代でもあった。

PHM11 0334

この金持ち父さん貧乏父さんであるが、実話ではない。実際は金持ちになるための本ではなく、ボードゲームを売るための宣伝用の本であったのに日本では馬鹿みたいに大ヒットとなった。

そこから不労所得という言葉が流行りだしたり、ライブドア全盛期で堀江社長がフジテレビ買収でイケイケドンドンだった。株式市場も村上ファンドが敵対的買収を仕掛けて株価を釣り上げていた。起業する若者というのも話題だったし、1円で会社を創業出来るようにもなった。資本金1000万円の株式会社や300万円の有限会社という考えがなくなったのである。

 

デイトレードという言葉も流行ったから、会社をやめてデイトレードで食べていくという人もいたし、会社で仕事をしつつ、携帯電話で短期売買の注文を出している人もいた。

 

こんな正社員なんて馬鹿が選択するという風潮で何時かは起業するとか、投資で大儲けするということを夢見ている若者が本当にたくさんいたのである。そして、正社員にもならずに派遣や準社員、アルバイトなどのフリーターを大卒後も選択する人が多かった。

就職氷河期も丁度、この時期と重なっている。正社員を選ばずに起業。というわけではなく、実際は大手に就職もできず、公務員にもなれず、フリーターで何もないから、金持ち父さん貧乏父さんを読んで、アパートオーナーを夢見たり、起業や投資家を夢見ている若者が多かった。

 

この流れから、今度は勝間和代がビジネス書を乱発し、ヒットさせる。

これがまた最悪であった。キャリアアップのために転職をしていけば自分が成長できるし、賃金は上がると本に散々書いてきた。仕事も断る。そんなことも書いてあったし、図書館で本を借りて読んでも身につかないのでビジネス書を毎日1冊買って、速読しろととんでもない宣伝もしていたのである。

 

しかし、実際は外資系で高学歴、キャリアを形成している人にはマッキンゼーなど転職するのは良いだろう。それが2流、3流大学を卒業して、なんとか新卒で入社した正社員の職業もボロボロに疲れるので賃金も安い。自分は低く見積もられていると、キャリアアップだのと転職に飛び出る人もたくさん出た。

 

そして、現実は新卒で正社員で入社したところよりも劣悪で賃金も低い会社にギリギリ転職するのがやっとになったり、派遣や準社員に転落する人も増加したのである。まず先に派遣で採用され、その後、正社員に採用してもらうなんて夢の様な現実的ではないことも思い描いている人も多かった。

 

そして、10年経過すると、どうだろうか。

いまでは起業や投資、転職なんて言葉は一切流行らない。新卒で有名大学を出て、新卒の一生で1回だけ使用できるスペシャルカードを使用し、大手企業に正社員で入社し、終身雇用を目指せという流れになっている。

この流れに乗れない人が敗者復活戦で公務員を狙っていたりする。

 

資格の勉強についても昔ほど、資格、資格という風潮がなくなった。転職するのも資格がなければ不利というイメージが10年前まではあったし、職業訓練給付で補助が出るなどもあった。しかし、今の時代、士業と言われる仕事でも仕事はない。税理士だって資格だけ取って素人が独立開業出来るほど、世の中、甘くはないし、司法書士や社会保険労務士だってそうである。独立開業は絶望的だ。

宅建や行政書士、中小企業診断士などは取得しても名刺の肩書に記載だけるだけで、それだけで転職が有利になるわけでもない。

PHM11 0422

こんな資格の勉強をするくらいなら時間とお金のムダで、その分、スーパーマリオでもして、コインを集めている方がまだ良かったといえる状況になった。

 

士業ではない資格は、その価値を年々失い、危険物乙4、ボイラー技士なんて高校生ではない中年サラリーマンが何となく目指しても意味が無いものになった。

 

私は、資格ビジネスを見て、その裏側の内容を調べて、思った。資格は無駄。英会話も無駄。

目指すなら免許のほうがまだましだということだ。クレーン免許、ブルトーザー免許、フォークリフト免許などである。こういうのは20万円くらいで講習を受ければ所得できる。中年になれば資格なんて勉強するよりもフォークリフトの資格を1つ持つほうがまだましである。

 

最近の若者は自分たちの時代の失敗をよく見て、観察している。

いまは自分たちの就職した時に流行った馬鹿みたいなことはすべて消えている。いまの若者のほうが新卒採用は人生でもっとも重要であることをよく理解しているし、転職せずに大手や公務員で終身雇用になる方が1円起業で社長になったり、100万円を信用取引でぶん回してデイトレードするよりもずっといいことをよく知っている。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。