習い事で武道と水泳をやっています。どちらも良い面はあります

コラム

子どもの習い事を2つやっています。

サークル活動のようなものに参加しているので2つの習い事をやっても月額3500円くらいです。すごく安いです。

習い事は、水泳と武道をやっています。

武道は、やれば強くなるのかと言えばそうでもないです。怪我がないようにやっているので習っているから強くなるとはとても思えませんし、運動が出来るようになるとは思えません。武道は完全に礼儀を覚えるために行くようなものです。正座して礼をして、共同で練習をします。この行為だけです。礼を学びに行くためのものです。

一方の水泳はひたすら泳いでいるので練習にもなりますし、体力作りにもなります。水泳の習い事はやって効果あり、と思います。泳げるようにもなりますし、体力も付きます。ただ、水泳では礼儀を武道のように学ぶことはありません。

武道は武道で通うようになってからは、礼儀が出来るようになりました。礼儀の訓練だけで行く理由はありました。

自宅学習にテスト、習い事

自宅学習でダイソーのドリルやセリアのドリルで何度も何度も義務教育の勉強を繰り返して、その後にZ会やトップクラス問題集などを繰り返しやっています。低学年からテストに慣れさせるように四谷大塚の全国小学生テストにも行かせています。習い事をして礼儀や水泳を習わせています。これだけで子どもの勉強時間や習い事の量は結構なもので自分が子どもだったときでは比較にならないくらい色々あります。いま多くの家で習い事に塾とお金を掛けている家庭が多いです。その習い事や塾代が非常にバカにならない金額です。兄弟が複数人いればそれだけ習い事も塾代も掛かります。

習い事と勉強が増えてから遠くに家族で出かけることも減りました。殆どが家の近くのショッピングモールに行くことが多いです。田舎なら普通のことですが都会だと色々なサービスがありますのでそこをもっと活用できればと思うのですがそういう感じでもないですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。