管理職になりたくないという若手がいるけど、実は管理職のポストもなく将来は暗いのが理由

コラム

「管理職になりたくない」という若手、中堅社員がここ数年で急速に増えています。
 リクルートマネジメントソリューションズが3年おきに実施している「新人・若手の意識調査」によると、「管理職になりたい」および「どちらかといえばなりたい」と回答した肯定派の割合が減少し、2010年の新人では55.8%だったのが、2016年の新人では31.9%となっています。
 しかも、この2016年の新人は、「管理職になりたくない」「どちらかといえばなりたくない」という否定派の割合が37.9%となり、本調査で初めて管理職になりたい人たちを上回る結果となっています。さらに、新人だけでなく、3年目の若手、7年目の中堅でも、管理職になりたくないという否定派が、肯定派を上回る結果になっています。

 また、キャリアインデックスが2017年5月に実施した「有職者に向けた仕事に関する調査」では、管理職になりたくない人の割合は、20代男性は51.9%、30代男性は48.7%、さらに20代女性は83.1%、30代女性は84.2%と8割を超える結果になっています。
 今の管理職の状況を見れば、若手や中堅が管理職になりたくないと思うのは当たり前でしょうか。彼らは甘えたことを言っているだけでしょうか。ミドルクラス以上のビジネスパーソンにとっては、放置できない問題と感じるかもしれません。

■負担が嫌だから? 
拙著『“誰も管理職になりたくない”時代だからこそ みんなでつなぐリーダーシップ』でも詳しく解説していますが、管理職になりたくない理由を若手・中堅世代に聞くと、「ストレスが増えるから」「責任が増えるから」「管理職に向いていないから」「ワーク・ライフ・バランスが大事なので」など、自分が大変になるからという回答が真っ先に返ってきます。
 ところが、その背景にある理由をさらに深く聞くと、今の管理職やリーダーという存在に対する根本的な疑問、違和感が出てきます。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171204-00199466-toyo-bus_all

 

管理職になれば給料も増えますし、転職も管理職として再就職できます。しかし、今の時代管理職のポストはどんどん減らされています。賃金が増えないわけです。

就職氷河期世代は就職難で正社員にもなかなかなれず、正社員になっても賃金は低く、出世も出来ません。それでも税金は増えているわけです。児童手当など補助的なものも手厚くなっているのでこれでプラスマイナスゼロで生活できますが昔よりも自分が努力してもっと稼いでそれで人よりも高級品を購入するという流れが作れなくなっています。

なら、最初から諦めてそれなりに生活をしていけばいいのかなって思えちゃうわけです。年金も貰えるか分かりませんし。そもそも65歳で年金が貰えるのかも分からない。貰えても安い、生活できないという状態になります。将来は暗いですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。