2014
11.04
スクリーンショット 2014-11-04 6.08.10.png

痩せたら寒すぎる。極寒地仕様の下着が必須になってきました。15度以下で既に寒いです

コラム

体重が6キロも減少し、ヤセ型体型になりました。この体型に1ヶ月でなり、5月からずっと維持されています。

秋も終わり、平均気温が20度を下回ると、普通の人の秋の格好では外を歩いても寒いです。下着をなかなか買い換えないのも寒い理由でしょう。

メーカーからヒートテックのような温かい下着が発売されています。数日、とにかく調べました。調べましたがいいものは高いということです。

ユニクロエクストラウォーム(極暖)を買ってみた

11月3日までは週末の広告の品でヒートテックが割り引いになっていました。

この中で一番暖かい極寒地仕様と言うのを買いました。店頭に開封された下着が展示されていますが触っても通常の生地よりも厚みがあることがすぐに分かります。しかも下着なのに少々裏起毛になっております。

 

1枚だけ買ってみて、早速、使ってみました。自転車走行ではかなりいいですね。

長袖ですが綿100%よりも化学繊維で伸縮性が有り、肘などはかなり楽です。下着として目も詰まっており、自転車走行の風でもそこそこ防風。(というか今までの比なので防風効果は一般的にないと言えます)

汗を少しかいてくると、発熱してきます。ライトダウンベストなどを着ていると、蓄熱はかなりいいかんじです。汗をかいあとの乾燥も綿100%よりもこちらのエクストラウォームの方が少し優れている感じがします。

スクリーンショット 2014 11 04 6 08 10

生活のほとんどがスーツとYシャツで過ごします。

休日しか私服を着ません。なのでアウターやトップ、ボトムなどにお金を使うよりも下着にお金を使った方が効率が言い訳です。

 

Vネックで白がYシャツの下に着るには必須なので白を探していました。黒だと透けて見えるのでとにかくダメ。Vネックじゃないとネクタイをしないと見えてしまうのがダメです。

それで防寒用なので長袖を買いました。

スクリーンショット 2014 11 04 6 08 30

温かい下着が普通に販売され、各社売っています。どれも化学繊維なので綿ほど耐久力がなく、1年、2年くらいで劣化するようです。平均的には2年でしょうか。とりあえず2枚買ってみました。1枚広告の品で税込み1390円と少し高いです。

 

スポーツ用品やグンゼでもいいものがありますが価格が高いです。2000円くらいします。

登山用のモンベルではもっと保温効果の高い下着があります。メリノイウールです。下着ですが1枚6000円します。しかも下着なのにウールなので柔軟剤で洗ったり、カシミヤセーターみたいに毎日、洗濯をしないといけません。毎日の洗濯が面倒です。

安価で費用対効果があるのだとGUのあったかスタイルやベルメゾンのホットコットです。

 

特にホットコットは価格は1000円以下で保温効果はかなりあり、好評です。既に在庫不足に陥っています。寒くなると入荷待ちになるため、ベルメゾンを利用するティとはホットコットを使いましょう。自分の場合、とにかく痩せて体脂肪がなく、寒いです。

なので極寒地仕様というのしか買わないようにしています。極寒地でもないのにそれで普通に保温されます。ジャケットも来年2月頃に値引きされたユニクロのエアテックダウンコートを買おうかなぁと考えています。痩せるととにかく寒いです。脂肪は断熱効果と発熱します。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。