物価も外食も2割位値上がっているため家計圧迫されてるんじゃないか?

コラム

物を買わずに生活をするようになってから、お店で何かを買おうとすると非常に高い。

外食もほとんどしなくなったけど、家族で外食をしようとすると本当に高い。

衣類や食品、雑貨などはものにもよるけど1割、2割は値上がっていると思います。外食も同様に2割位は上がっていると思います。

外食はチェーン店のファミレス、牛丼、ラーメンなど様々な店舗がありますが間違いなく値上がっています。値上がっている理由はアルバイトの時給が大幅に値上がっていることだと思います。

 

家族がいて普通に買い物をして外食もする人は家計負担が2割位は数年前よりも増加しているんじゃないかと思います。

でも、収入は1割も2割も増加していないわけですから、生活は厳しいものがあります。

 

自分の場合、雑貨などはほとんど100円ショップで購入しているため、技術の進歩により、こういうものまで100円で購入できるようになったんだと驚きが多く、値上げの余波を感じません。

衣類はセール時期にとんでもない量を定番で購入しているのでほぼ定年退職になるまで買わない状態です。なので衣類の値上げの影響はまったく受けていません。それくらい買い置きの新品がいっぱいあります。

パソコンなどはDELLのセールで約2万5千円くらいのものを買います。もしくは中古品です。スマホも中古かAmazonタブレットならば5千円くらいのものを買っています。電化製品は基本パソコンとスマホ、タブレットがあれば十分なので他はまったく購入していません。

ゲーム機は古いプレステ3、任天堂Wii、ニンテンドー3DSなどをずっとプレイしています。PSPやニンテンドーDSもありました。そういう古いゲームです。

 

雑誌やビジネス書などはすべて図書館を利用して見ています。日経新聞は丸三証券の日経テレコンで無料利用しています。

youtubeの動画はもちろん無料ですが通勤ではAmazonプライムビデオをオフラインにしてみています。Amazonプライムミュージックも聴いています。月額にすると324円です。アメリカではAmazonプライムを値上げしているようですが値上げをするようだったら、解約すると思います。

 

これから消費税は増税されますし、物価もまだまだ上がるでしょう。そうなると今あるものを修理したり、服がちょっと穴が空いても捨てない江戸時代のような生活が大切かと思います。ものを長く大切に使うことです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。